つぶやきノート082

10月18日(月)

普段なら、秋が深まったとか書くんでしょうけど。

いきなり気温が下がったので、夏から冬になった気分です。


休みなしの状態が続いてまして、かなり疲労が蓄積しています。

どうも、学園祭の時期まで続きそうですね。

たまたま、来年の時間割編成など、いくつかの業務が重なる時期なんすよね。


退職したあと、何もないと困るという話がよくネットに出ていますよね。

まあ、確かに退職したあと、趣味や娯楽がないと大変かもしれません。

ひたすらパチンコ店に通うのも厳しいでしょうし。


オタクな人は大丈夫でしょう。ただ、体力的にキツいのはありますよね。

宗教を信じている人なども、ひたすら信仰にのめり込めばいいので、楽かもしれません。

研究者も、その点は同様に、研究を趣味として行えばいいのかも。

まあ、自分などは全然困りませんね。


政策についての話がありました(ニューズウィーク)。

もっと人材の質を高めるほうにカネを使えということですね。

これについては、自分も大賛成です。

そもそも、日本では大学院の人材について、全然使いこなせてません。

もったいない話ですよ。


もっとも、これ与野党問わず、絶対にやらない政策でしょうけどね。

日本社会再生の策は、実はあるんだろうと考えます。

でも、与野党ともにそれを提案しないですよね。選挙民も、興味ないんでしょうねえ。

落ちてゆくのも~、幸せだよと~。

ついジュリーの歌を歌ってしまいますわ。

10月17日(日)

いきなり気温が下がったので、ビックリです。

まあ、予報通りなのですが。

それにしても、もう少しおだやかに下がってくれないもんですかねえ。


今日はずっと業務です。

おかげで、モノ書きの時間が全然取れません。

週末研究者の地位すら怪しくなってきています。


賃金格差について話がありました(東洋経済)。

最低賃金を上げてもムダだとありますが、これはどうでしょう。

むろん、それだけでは雇用が減るだけかもしれません。

だからこそ、中小企業の合併策などを盛り込んで、規模拡大を促す必要があるのではないでしょうか。

10月16日(土)

まだ気温が高いですねえ。

それにしても、まだこの時期でもこの暑さですか。


明日は業務となりますので、今日、私用や雑務を片付けていました。

午前中は家事です。

午後は雑用ですが、時間割編成で早速いろいろ齟齬が出てしまっています。

今日はオンラインで研究会もあったのですが、欠席になりました。


昨日、機材をいろいろ使う授業で、さらにオンラインもやりましたが、どうも難しいすね。

パワーポイント程度ならなんとかなりますが、機器を使いながら、さらにzoomもとなると、ホントにキツいです。

該当授業は、徐々にオンラインを止める予定です。


ネットで、台湾などで5本の柱を立てて祀るのは何かみたいな話がありましたけど。

アレは五営ですね。確かに、魔除けの一種ではあります。

哪吒の誕生日に話題が出ていたのは、あの中心の柱は、哪吒だからです。


いまの五営が、『封神演義』の影響で変わってしまっていることなどは、東南アジア本で紹介しました。

台湾以外でも、東南アジアのあちこちで見ます。


選挙運動始まっているみたいですが。

とにかく、選挙民がトクをする行動というのは、与党を避けることでしょうねえ。

5年ごとくらいに、与党と野党が入れ替わるくらいで、ようやく民主制が機能すると思います。

もっとも、絶対に日本社会はやらないでしょうけど。


残念ながら給料は上がらないだろうという話がありました(サンケイBiz)。

指摘の通り、税制だけではムリでしょうね。

最低賃金を上げる必要はありますが、その他では、むしろ年功の賃金を止めるべきでしょう。


日本型雇用と欧米型雇用の違いについて話がありました(リクルート)。

たとえ問題があるにしても、やはり欧米型にシフトしていかねばならないと考えます。

高度成長期くらいしか通用しないのが、日本型雇用です。

もう前提が崩れてますので、変えていかないと話になりません。

10月15日(金)

昼と夜の気温差が大きいですねえ。

もうすぐ、涼しくなるようですが。


授業と雑用で終わってしまうのは変わりません。

ここしばらくは週末も業務が入るので、モノ書きの時間が全然取れないんですよねえ。

また、時間割などの業務ばかりやっていると、いざ他の事をやろうとしても、アタマが切り替わらないんですよね。


経済政策がダメだという話がありました(ニューズウィーク)。

選挙ですが、どうせ期待できませんよねえ。

何も変わらないと思います。まあ、棄権はしませんけど。


あるいは、もう政策うんぬんでもないのかもしれません。

政党ですら関係なく、要は長期政権か否かみたいな選択なんじゃないでしょうか。


江戸幕府だって、清朝だって、最初の頃はマトモな組織だったと思います。

ところが、途中から既得権維持だけが目的になってきます。

末期になると、もう情けないほどの体たらくとなります。


いまの日本も、政策とかではなく、要は長期政権なのがマズイのでしょう。

一時期、政権を降りている時期もありましたが、短期間です。

実質的に、ずっと長期政権でした。それが王朝化しているだけでしょう。


いま韓国や台湾の民主制が機能しているのは、政権交代を頻繁にやってきているからでしょう。

日本は、もう王朝化していて、衰退するのは仕方ないんでしょうねえ。

しかし、これも選挙民の選択ですからねえ。諦めましょう。

10月14日(木)

相変わらず暑いです。

日本では、もう6月から10月が夏なのかもしれませんねえ。


対面とオンラインと両方になってますが、やはり手間がかかりますねえ。

まあ、少人数であればまだしもですが。

zoomのコントロールを誰かがやってくれるといいんですが、そうもいきませんしねえ。


中国の不動産について話がありました(ニューズウィーク)。

正直、もっと前に破綻させていたほうがよかったのだと考えます。

おそらく、日本のバブル崩壊に学んで、潰れないようにカネを回してしまったんでしょうけど。

いまや中国の不動産は、投資ではなく投機です。理財商品など、一種のギャンブルですよ。


もっと不動産価格を引き下げるとともに、賃貸しの市場に介入すべきです。

まあ、それくらい考えているとは思いますが。

ここで温存させるほうが、もっとマズイと考えます。

10月13日(水)

まだまだ暑いですねえ。

もっとも、去年のこのコーナーの記載を見たら、少し暑いとありました。

もう毎年の現象になっているんでしょうか。

ただ、週末から気温は下がるようですね。


会議会議の水曜日です。

大学院のほうの会議は、久々に対面式になりました。

教授会はオンラインです。

人数が多いので、まだ対応が難しいようです。


日本社会は仕事が苦痛という話がありました(ITメディア)。

指摘の通りで、日本社会って、どうして「やりがい」「社会のため」みたいな、宗教じみた動機を必要とするんでしょう。

アジアでの就職は、だいたい「これだけ稼ぐからこれだけ寄こせ」が普通です。

しかし日本の就活では、おカネの話は嫌われる。

ヘンですよ、コレ。


どうするかという対策で、まず最低賃金を上げる。それは必要でしょう。

毎年何パーセントか。それで付いてこられない企業は不要。

さらに、ブラック企業はどんどん潰すべきです。

ちょっとでも違反したら、膨大な罰金を科させる。密告大歓迎にして。

これを徹底的にやるだけで、だいぶ変わると思いますがねえ。


自分も、研究であれば、そら喜んでやります。

しかし、教務関連の作業や、会議、資料の作成などは楽しくありません。

むしろかなり苦痛で、そのために時間が延びたりします。

やりたくない仕事のほうが、比率が高いのもウンザリです。

いまや、研究時間が確保できない状況ですからねえ。

10月12日(火)

今日から対面授業となりました。

キャンパスに、いきなり学生があふれかえるようになりました。


こちらも対面授業再開ですが。

いきなり教室の設備で手間取ってました。

なんというか、対面とオンライン同時だと、手間が倍になります。

そのため、今日はほぼその対応ばかりに追われてました。

これ、しばらくは仕方ないかとも思っています。


12月の状況がまだ不明ですが、とりあえず国内調査を行う予定です。

今回は四国ですね。

さすがに、前回の九州調査のように、交通ストップはないと踏んでますが。

まあ、仮にJRが止まっても、バスがあるから大丈夫でしょう。


正社員を優遇しているために全体が貧しくなったという話がありました(プレジデント)。

分析の通りで、日本的経営を守るために、他が犠牲になったんでしょうねえ。

正社員とか非正規とかを分けずに、働きに応じて給与を出す仕組みに変えるべきですよ。

いまでは、正社員がただの身分になってしまっています。

これ、もう止めるべきですよ。

10月11日(月)

カレンダーが赤い日付になっているので、休日と誤解しそうです。

この休日が動くというのも、厄介ですよねえ。


昨日がまる1日業務だったので、全然疲労が抜けてません。

それで今日も業務なので、なんかフラフラです。

もうアラカンですからねえ。


オンライン授業2つと、あとは雑用です。

明日からは対面授業になる予定です。

これもまだ、慌てて対応はしません。


山西省で洪水が起きているようです(BBC)。

伝統的な建築が多いところですから、そちらに被害が出ていないかも気になります。

それにしても、どうも予想外の災害が増えているように思えます。

10月10日(日)

まだまだ暑さが続きますねえ。

自動販売機見ると、ホットのコーナーがあります。

これ、例年だともうホットのコーナーがあっても構わないって事ですよね。


朝から晩まで、まる1日大学院の業務でした。

むろん、他の作業は何もできませんでした。

実は、中国学会も開催されていましたが、参加できませんでした。

オンラインなので、陶先生は司会で参加されていたようです。

その後、こちらの業務に参加してました。


今日は今日で、首都圏ではJRが停電で運休だったみたいですねえ。

こちらは影響はありませんでしたが。

ただ、今日の業務は対面だったので、もし影響があったら危なかったです。


ネットで、『封神演義』の年表に誤りがあるのではないかという話がありました。

ちょっと内幕をバラすと。

実は、編者の間で、意見が分かれていました。

自分が一番最初に作った表では、哪吒誕生は紂王九年となっています。

その後いろいろ議論がありまして、いまの表になっています。

百度あたりで議論されている表でも、紂王九年が誕生になってますよね(百度)。

この表も、微妙に合わないんすよねえ。


まあ、おそらく哪吒の話は時系列自体が違っていると思います。

たぶん、本筋とのすりあわせなんて考えてないんでしょうねえ。

いまの表は、編者の議論のあとでこの形にはなっていますが、問題はあると考えています。

まあ、いろいろ他の可能性も検討したいですね。


何もしない地蔵ダンナの話がありました(マネーポスト)。

自分もこういう人間なんすよねえ。

もっとも、独身だから誰かがやってくれるわけではありませんが。

こういう人間は、家庭を持つべきではないと考えますよ。


自己啓発のオカルトについて話がありました(プレジデント)。

この手のオカルトは、そこそこあり得そうな事を述べるから、厄介なんすよねえ。

でも「コトバが現実になる」んだったら、毎日「カネが手に入る」と話していれば、入るんでしょうか。

んなわけないすよね。


なまじっか科学と宗教を混ぜるので、かえってヘンな事になります。

宗教の効用は、別に論ずるべきですしねえ。

10月9日(土)

まだ昼間はかなり暑くなりますねえ。

ちょっと前より、むしろ気温が上がっている感じです。


阪急線に乗ると、もうだいぶ人出が戻っているように思います。

しかし、ウィズコロナも、どこがゴールなんすかねえ。


今日も雑用がメインです。

日中学会はオンラインなのですが、不参加になります。


飯圏の規制について話がありました(ヤフーニュース)。

自分も、これについてはむしろ規制は遅れたのではないかと思ってます。

アイドルを「推す」仕組みとしても、ちょっとイカレてます。

とはいえ、なんでもかんでも規制という姿勢には、あまり賛同できない面もあるのですが。

10月8日(金)

昨晩、関東では大きな地震があったようですね。

これ、やはり貞観地震から仁和地震への流れに似てきているのではないでしょうか。

もっとも、自分が生きている間に関西まで来ない可能性もありますが。


平日は授業と雑用で終わってしまいますね。

自分の作業が全然進みません。

今週は、週末すら時間がないのですが。


明日あさっては中国学会がありますが。

こちらも参加は難しい形です。

しかし、中国学会の日程って、業務と必ず重なるんですよね。


地震の活発期に入ったのではないかという話がありました(ビジネスジャーナル)。

まだまだ地震の仕組みもわかってないんですねえ。

ただ、関東で大きな地震がありそうなのは確かです。

10月7日(木)

大学院の授業が中心ですが。

そのあとの指導の時間がやたら長引いて、気がついたら夕方です。

オンラインだと、逆に時間気にしませんねえ。


来るとき、阪急山田の駅前で、ばったり吾妻先生と会いました。

まあ、来る方向が同じですからねえ。


いまのコロナの状況について話がありました(アゴラ)。

次の変異株が流行するまで、この状態なんでしょうね。

だから、いまのうちに対策はやっておくべきだと思うんですが。


キャリア意識の低さについて話がありました(アゴラ)。

ジョブ型は徐々に導入されていくという話は、たぶんその通りだと思います。

ただ、新卒一括枠も残されるとなると、あんま変わらない気もしますねえ。


働かないオジサンを切り捨てるべきという話がありました(プレジデント)。

自分も、働かないオジサンのうちに入ると思いますので、マジに改革されると困るんすよね。

ダラダラ研究室にいるワリに、全然成果が上がらない。

生産性からいうと、最悪すよね。


ただ思うんですが、生産性の低いオジサンを70歳まで雇用して、それで会社大丈夫なんすかね。

いやまあ、大丈夫なら止めませんけど。

10月6日(水)

どうも、宣言解除以降は人出が増えているようですね。

駅でも、結構人を見ます。

大学はまだ対面授業になっていないので、閑散としてますが。


今日も雑用メインです。

特に、提出する書類が多く、支援課にも出ました。

そしてまた書きたくない書類があって、これにものすごく時間かかってます。


いま保有しているパソコンは、すべてWindows11でも動く感じです。

一瞬、ノートのほうはアップデートの欄に出なかったので、ちょっと疑ったのですが。

確認のプログラムを動かしたら、大丈夫でしたね。


今回のノーベル物理学賞、完全に環境問題にシフトしていましたよねえ。

まあわかりやすいのですが。

しかし、また日本人だと騒いでましたが。

違うでしょう。

日本出身なんでしょうけど、アメリカの人で、アメリカの研究機関での研究に対する評価でしょう。

逆に、日本で研究ができなかったことを反省すべきじゃないすか。


インフレと経済成長は関係ないという話がありました(東洋経済)。

いまベネズエラはとんでもないインフレですが、経済は落ち込んでますからねえ。

かつてのジンバブエだってそうでしょう。

インフレと成長は、必ずしも関係があるわけではないですよね。


ところが、日本ではデフレが悪いとかいう単純な見方の人多いすよねえ。

いや、給料が上がらないのが悪いんでしょう。単に物価が上がるだけって、逆にマズイじゃないすか。

とはいえ、いまの日銀のやってる政策は、まさにソレですよねえ。

いい加減、止めればいいのに。


財政出動についても、意味のないところにガンガン財政出動したから、いまの膨大な赤字があるんでしょうに。

だから、ただバラまくだけでは意味ないんすよね。

未来の投資につながるようなところにバラまかないと。

ですから、教育研究と、ベンチャーにむしろシフトすべきなのに。

研究費を削るという、完全に逆のアホやってましたからね。

だから衰退するんすけどねえ。少なくとも、いまの与党の政策は止めたほうがいいと思いますよ。

10月5日(火)

まだまだ暑いですね。

ただ、今日はエアコンは送風だけで済ませてます。


午前中は健康診断でした。

思っていたより空いてましたね。

ただ、心電図のところが混んでいて、なんだかんだで時間かかりました。

まあ、自分の場合はもう、どれだけ不健康になったかの診断なのですが。


その後は雑用に追われてました。

オンライン授業も入りましたが。

やはり、週末しかモノ書きができませんねえ。


左利きに関する話がありました(ダイヤモンド)。

自分も左利きなので、この本、電子書籍を買って読んでみました。

参考になりましたが、全部肯定というわけにはいきませんでしたね。


右脳と左脳の連絡が遅いのではないかという話は、確かに納得できます。

自分も、イメージと言語がなかなかつながらない事がありまして。


考え方が世間とズレるというのも納得ですが、コレって独創性というんですかねえ。

「天才が多い」と書かれてますが、実際にはアホも多いと思います。

かなり極端に分かれるかもしれませんね。

10月4日(月)

暑いですねえ。

久々にエアコン回してます。

あと、オンライン授業だと、窓開けていると外の騒音が入るってのもあります。


臨時のリレー授業も入り、ちょっと長丁場となりました。

それに、注文していた機材が入ったので、その調整も行ってました。

まあ、平日は授業と雑用で終わりですね。


エビデンス無視で政策が行われているという話がありました(プレジデント)。

結局、ずっと場当たり的な対応ですよねえ。

せめて、PCR検査はもっと増やすべきだと思うんですが。


どうして日本社会って、政策の検証をやりませんかねえ。

たとえば、国立大の法人化だって、効果があったか、なかったか、検証してみればいいと思います。

検証してみてダメだったら、戻そうくらいの事は考えてもいいでしょう。

しかし、やろうとしないんですよね。

10月3日(日)

午前中はクリーニング店などに出てました。

その後、研究室に出ようとしたら、阪急千里線が止まってました。


仕方ないので、しばらくは北千里で待つ事にしました。

13時過ぎに動くというアナウンスがあったので。

幸い、それからすぐに動いて、大学に来られました。


ようやく、少しモノ書きのほうが進められます。

こちらは、自分でテーマを決められる文章なので、サクサク進んでます。

紀要に投稿するつもりです。研究ノートになりそうですが。

先日まで書いていた文章と、全然速度が違いますよね。


イギリスでガソリン不足が大変のようです(BBC)。

ガソリン自体よりも、供給体制が混乱しているみたいですよね。

EU離脱の影響のようですね。


経済の方向を、政治がムリに制御しても、上手くいかない事が多いと思います。

公平を期すために制御するのは理解できますが。

今後も、たぶんEU離脱の負の影響は、あちこちで発生すると考えます。


日本社会も、人口減はどんどん進むと思います。

これ、逆らってもムダなら、むしろロボットや機械で置き換えるほうにどんどんシフトしたらどうでしょう。

給料が安いってのも、要するに経営者がイヤなんでしょうから、だったら機械にやらせれば。

当初はコスト度外視で、あるいは政府が補助金付けてもいいですから。

とにかくロボット社会を志向してしまう。

そのほうが、経済の法則に逆らわずにいけるような気がします。

10月2日(土)

昼夜の寒暖差が激しいですねえ。

結構まだ昼は暑く感じます。


疲労が抜けません。

いや、若い時は回復が早かったんですが。

もうトシですとダメですね。


道教文化研究会がオンラインで開かれまして、参加してました。

とはいえ、裏では業務やりながらですが。

東北の話は自分も書こうと思っているので、参考になりました。


なんかニュースはご結婚がらみのものが多いですねえ(アエラ)。

ヤフーのコメント欄なんて、ものすごい数が短時間で埋まっていくのでビックリです。

しかも、皇室に対してかなり辛辣な意見もあって、珍しい反応だと思ってます。


タイの王さまは、以前は人格者で国民の尊崇を受け、支持されていましたが。

代替わりしたら、どうも国民の支持が急速になくなっています。

王室とか皇室も、国民は自分勝手に聖人であることを願いますから、大変すよねえ。


宮家を養子でもなんでもいいから整備して、人数を増やし、そこから人格者を選ぶようにしないとダメなんじゃないすか。

このままだと、存続が怪しくなるのでは。


騒ぎについては自分は興味ないのですが、現象としては面白いかとも思ってます。

なんか、今回の騒ぎは、「ケガレ」に見えるんじゃないすか。

クリーン、純粋であるべき皇室に、ケガレが入ったので、それで反発すると。

思いっきり宗教的な現象なんじゃないかと考えています。

理屈は、むしろあとから付けられているんじゃないでしょうか。


それより、さっさと借金返したらどうでしょうねえ。

それなら、文句言えなくなりますし。

さっさと弁護士でもなんでも間に立てて、早期解決を考えたらどうでしょう。

10月1日(金)

今日も引き続き、大学院行事担当です。

今日は指導はなく、ホスト管理だけですが。

それでも長時間なので、しんどかったですね。


また昼に会議がありましたし。

短時間でしたが。


この間、作業のほうはサッパリです。

ポスター関連の作業が少し進んだくらいですね。


日本人の給与が増えない件について話がありました(プレジデント)。

だから、優先すべきは未来への投資なんすよね。

研究開発や、教育方面ですよ。

しかし、むしろソコを減らしてきたのが日本社会ですからねえ。

9月30日(木)

今日と明日は、まるまる2日間、大学院行事となります。

zoomで、2日間ホストを担当しなければならないため、結構しんどいです。


オマケに、2日とも昼に会議が入ります。

食事の時間が取れない形で、仕方なく、スキを見て食事しています。

もちろん、合間に雑用もあって、いろいろメール打ってます。


自民党の総裁選は、どうも予想通りというか。

「変えたくない」人がやはり多いんすねえ。

まあ、もっともっと貧しさが目立つようにならないと変化しないんでしょう。


AIで人事が決められるかもという話がありましたが(プレジデント)。

日本社会のように、評価すると恨まれるようなところでは、むしろこのほうがベターではないでしょうか。

いやもう、いろんな面をどんどん機械などに任せていったほうがいいと考えます。

9月29日(水)

まだまだ昼は暑くなりますねえ。

しかし朝夕はかなり気温が下がります。

まあ、快適ではあるんですが。


雑用に追われているのは相変わらずです。

あと、わざわざ紙で提出しなければならない書類があって、面倒でした。


どうもプリンタの調子が悪いです。

まだそんなに古くないんですけど。

とはいえ、酷使しているのは認めます。

修理するより、買い換えたほうがよさそうですね。


感染者が減った理由についての話がありました(BLOGOS)。

専門家がアテにならんのは、こういう事態がはじめてだから、仕方ないと思います。

ただ、そろそろいろんな事がわかってきたわけで。

少なくとも、意味のない抑制については、止めてもよいのでは。


ネットのほうが不自由になっているという話がありました(プレジデント)。

使う人が多くなったら、そうなるでしょう。

昔はインターネットって有料で、結構高かったですし。

パソコンやらモデムやら、結構設備も面倒でした。


でもいまはスマホで簡単につながりますしね。

たくさんの人がいつもアクセスするようになった。

そうなると、要するに世間と変わらない、いや、もっとイカレた場になります。

その特性をふまえた上で使うしかないと思います。

9月28日(火)

今日もなんか忙しいですねえ。

雑用に追われながら、合間にオンライン授業やっている感じです。

打ち合わせも入りましたし。


間隙を縫うように、新しい文章も書き始めましたが、時間が取れず、進んでません。

10月は週末に結構業務や行事が入るので、週末研究者すら怪しくなってきます。


人口減について話がありました(プレジデント)。

どこかで人口は安定するようですが、その時の人口がどれくらいなんでしょうね。

それによって、経済規模のあり方も変わってくると思います。

9月27日(月)

昨晩、帰宅するときに少し寒さを感じました。

まあ、暑いよりはいいですね。


オンライン授業と、あとは雑用です。

あと、ひとつ文章がアップしたので提出しました。

パワーポイントを作成していなかったので、そちらも対応しています。

ただ、ようやく次の研究ノートにも着手できそうです。

モノ書きも、計画だけはいろいろあるんですが、全然時間が取れません。


人流と感染の関係について話がありました(東洋経済)。

相関はあるけれど、因果関係はないという事なんすねえ。

いまの感染者の減り方を見ても、どうも関係なさそうですから。

それを踏まえて、対応する必要があるんでしょうね。


韓国では塩がよいイメージではないという話がありました(プレジデント)。

ビビンバとかが、むしろ貧しい人の食べ物だというのは聞いた事がありましたが。

塩ラーメンがダメというのは、驚きましたね。

まあ、日本語でも「塩対応」とも言いますか。

9月26日(日)

昨日、指導で時間がなくなってしまったので、今日はずっと作業です。

むろん、どれもやりたくない作業で、能率が悪いです。

ホントに、サラリーマンに向いてないんすよねえ。


台風はだんだん東よりのコースになってきているみたいすねえ。

こちらには来ない感じで。


最近、個人的な読書はだいたい電子書籍になっています。

ジョナサン・ハイト氏の『社会はなぜ左と右にわかれるのか』を読んだのですが、面白かったですね(読書メーター)。

自分は一時期、人間の個性はほとんど遺伝で決まっているというドーキンス支持派みたいになっていたのですが。

いまは、遺伝半分、環境半分くらいを支持しています。

道徳がどこから来るのかは、思想研究面でも気になるところですが、かなりこの本から示唆を受けました。


ほとんどの人が、まず感情で判断して、理屈はあとから付けるってのも、その通りだと思います。

だから、いくらネットで論破しようが、説明しようが、意見って変わらないんすよね。


あとはやはり宗教の重要さが認識できます。

宗教の裏付けや、帰属意識の感覚がないと、多くの人が「納得」できないんすよねえ。

だから、宗教をヘンに敵視した国家は、だいたいうまくいかなかったのが、なんとなく理解できます。

宗教は、利用してナンボなんでしょうね。

たぶん単純なアヘン扱いも、ダメなんだと考えます。


人を理解するのが人文学だと思いますが。

いまや、哲学だけではなく、心理学、経済学など、総動員しないと理解できないんでしょうねえ。

道徳についても、性善説や性悪説のような、どちらか一方だけのような考え方も成り立たないのだと考えます。


帰属意識がほぼ遺伝などで決定されているとすれば。

それが共同体の中に向かうのであれば、善であるとされるのでしょう。

助け合いの精神とか。

しかし、それが外に向くと、ヘイトのように悪の面を持つわけで。

角度によって変わってしまうんでしょうね。

9月25日(土)

まだまだ暑いですねえ。

しかも、台風も来そうだってのに驚きです。


まだまだ寝不足ですが、昨日よりはだいぶマシになりました。

おかげで大学に来るのが遅くなりました。


週末なので、作業に専念したかったんですが、院生の指導が入りました。

どうも、いったん帰国するようで。

いまチケット高いのに、大変だなあとは思います。

3週間隔離だそうです。


いつも忙しそうにしている人の話がありました(プレジデント)。

これまさに自分の事ですねえ。

忙しそうにしてるワリには、能率が悪い。


もっとも、自分の場合は理由はハッキリわかっています。

自分のやりたくない仕事については、極端に能率が悪くなるんすよね。

んで、いま役職だから、やれ評価だとか、やれ試験方面だとか、やりたくない仕事の比重が高いです。

出たくない会議とか。

こうなると、極端に能率が下がって、1日かけて1枚の書類しか仕上がらなかったり。


ダメな理由はわかっているけど、全然改善されないという話すね。

少なくとも、役職から降りない限りはムリですね。

まさか、こんなに長く役職やるとは思ってませんでしたし。

それにコロナ対応が追い打ちをかけている感じです。

当面は仕方ないすね。

9月24日(金)

昨晩から、ちょっと体調がイマイチです。

さらに、中途半端な時間に目が覚めて、それから眠れなくなりました。

なもんで、今日は早めに大学に来てます。


午前中のオンライン授業と、雑用はなんとか乗り切りましたが。

午後はもう眠くてダメですねえ。

久々にコーヒーをがぶ飲みしてやり過ごしてます。


台風、まだ来る可能性があるんすねえ。

暑さも少し戻ってきてますし。


感染の波と変異株の関係について話がありました(アゴラ)。

なるほど、説明がつきますね。

ただ、もっといろいろ考慮に入れて判断すべきなんでしょう。

9月23日(木)

休日ですが、授業日です。

ただオンラインのみなので、研究室から講義しています。

とはいえ、ゼミのあと相談がかなり続いて、長丁場になりました。


モノ書きの作業がまだ残っていますが。

授業もあり、また雑用もいきなり増えて、なかなか進みません。

とはいえ、締め切りも近いので、当面は集中するつもりです。


感染者の予測数が実数とかけ離れてしまう事について話がありました(BLOGOS)。

どうも、何かしらの免疫が働いているとしか思えないんですが。

だから、これ長期的には、ロックダウンでゼロコロナを目指さないほうが、実はベターなんじゃないかと思います。

もっとも、日本の場合は結果的にそうなりつつあるだけで、意図的にやったもんではないんでしょうけど。


円安の問題について話がありました(ダイヤモンド)。

やはり、過度の円安はむしろ毒だったんですねえ。

どうも、政府与党はわざわざ衰えるための政策ばかりやっているように思えます。

9月22日(水)

昼はまだ暑くなりますねえ。

夕方に、急に天気が変わった感じです。


来るとき、また阪急電車が遅れてました。

ただ、動いてはいましたので、問題なく大学に来ています。


会議会議の水曜日です。

基本オンラインなのですが、投票があって、そのために教員は今日はかなり来てました。

久しぶりに拝見した方も多かったです。

あと、合間には雑用に追われてます。いつもの事ですが。


中国の恒大のデフォルトは、ひとたび回避されたようですね。

これも難しいと思います。

バブルが崩壊しなければ、不動産はいつまでも上がり続けます。

しかしそうなると、あまりにも高くなってしまった価格に、怨嗟の声が出てきます。

では崩壊させたほうがいいかというと、そう単純に肯定もできません。

進んでも、引いても困難な状況です。

どうするつもりなんでしょうねえ。

個人的には、可能な限り徐々に値段を下げていくべきだと考えますが。


日本の投資の話がありました(東洋経済)。

指摘の通りで、意味のないところにカネをつぎ込んでもムダなんすよねえ。

単純な財政出動では意味がないというのは、指摘の通りでしょう。


だから、未来への投資である、研究や教育に使うべきなんですが。

日本の与党は、そこをまず減らしてくるという、逆方向やってますからねえ。

9月21日(火)

中秋節ですか。

昼は結構暑くなりましたよねえ。


今日から後期が始まりましたが。

どうも、雑用に追われて、またオンライン授業のみとあって、違和感があります。

まあ、当面は仕方ありませんねえ。


だいぶ感染者が減ったようで、そのあたりはホッとしてます。

しかし、人の流れがそれほど変わっているようには思えないんですが。

このあたり、もっと科学的に検証してくれませんかねえ。


IT業界の人手不足について話がありました(LIMO)。

いやだから、足りないなら給料上げましょうよ。

どうして日本社会では、給与で差を付けられないんでしょうか。


45歳定年がまた話題にのぼっているようですが。

別に解雇しなくても、給料下げればいいだけではないですか。

あまり働いてないのに高給だから文句が出るのであって。

給与がそこそこなら、誰も文句言わないでしょう。

年齢給を止めてしまえば、それですむ話ではないですか。

9月20日(月)

どうも、昼はかなり気温が上がった感じです。

夏が戻ってきましたかね。


授業前なのに、すっかりzoomの設定を失念していました。

今日慌てて対応しています。

その他、とにかく雑用に追われてました。


おかげで、モノ書きのほうがあまり進んでません。

ひとつ、東西研向けのほうは、ほぼ形が整ったのですが。

今週、なんとか時間を作るしかないですね。

幸い、今週の会議はひとつ、メール審議になりそうです。


10兆円ファンドについて話がありました(プレジデント)。

悪いことではあるとは思わないんですが。

ただ、これもやはり「選択と集中」になってませんかねえ。

指摘の通り、一部の国立大にカネが流れて、それで終わりじゃないでしょうか。


日本は、どうもブルーカラー的な考え方が主流で、これは変わらないのかもしれません。

だからあまり研究などに価値を見いだせない。

「役に立つ」ものでないと、理解できない。

アナログ中心の時代なら、それもよかったんですが。

いまのように、知識集約社会になってくると、むしろ職人重視が欠点になる感じです。

9月19日(日)

そういえば、世間的には連休なんですねえ。

自分はなんか忙しくて、あまり気にしてませんでした。


午前中は、クリーニング店に出たりしてました。

そして、自宅の玄関付近にネジが落ちているので、注意してみたら、ドアがどうも調子が悪い。

ネジが外れて、緩んでいたんですね。

慌ててネジを締め直す作業をやってました。

意外に時間かかって、大学に来るのが遅くなりました。


岐阜で地震があったようですが。

この間は石川県でも震度5だったようですし。

だんだんと南下が始まってませんか。


貞観地震のときのような事態は、あり得ると思います。

はじめに東北で起こり、しばらくすると関東や近畿でも大地震が起きたわけで。


スーパー免疫に関する話がありました(Yahooニュース)。

まだ、その効果のほどはわかりませんが。

あの手この手で変異を繰り返すウイルスもさることながら。

人類の側も、それはそれで対抗する力を身につけるという事でしょうか。

生物は、思ったよりスゴイですよね。


日本企業の問題について書かれていました(現代ビジネス)。

会社などの組織、あるいは国家までそうなのかもしれませんけど。

長く続くと、どうしても硬直化、形骸化するような気がします。

そういう組織では、変える事自体が忌み嫌われます。


都道府県の仕組みだって、以前は結構変わっていたのに。

いま人口が変わって、もう昔日の意味はないのに、この枠組みを変えようとすると大変な事になるでしょう。

意味もなく、変えられない事になってしまうんですよね。

幕末の江戸幕府とか、清朝の末期とか。

みんな同じような状態だと思います。


だからこそ、せめて未来への投資である、研究や教育にはカネをかけねばならんのですが。

いま日本社会ではそこが一番減らされています。

自分らの手で、わざわざ衰退を促進しているように見えます。

9月18日(土)

台風ですが、そんなに風雨は強くなかったですねえ。

ちょっと蒸し暑くなったんですが、フェーン現象ですかね。


今日はオンラインの研究会が2つも3つも重なって、ちょっと困りました。

やむなく、吉田先生の研究会を優先させていただきました。

今日はずっと研究会で、他の作業などはあまりできませんでした。


研究会は勉強になりました。

こちらがあまり考えていない問題がありますので、討論で教えられることも多いですね。


安値思考から逃げられない日本という話がありました(ウェッジ)。

指摘の通りで、80年代は物価も給与も上がるのが当たり前でしたよねえ。

70年代は、インフレがイヤだイヤだと非難されていた時代です。

とにかく、物価も給与も上がる方向に行かないとダメですよね。

9月17日(金)

降ったり止んだりの日です。

台風が近づいてきているハズですが、それほど荒れた天気にはなってません。


今日は役職としての業務で、とにかく走り回る日となりました。

久しぶりですね。

しかも黒のジャケット着てて、暑かったです。


朝、中途半端な時間に起きたので、そのまま大学に来ました。

まず百周年記念館で、修士課程の修了式に参加。

今日の行事は、ほぼすべて対面で行われました。


それから3号館に行って修士の書状を手渡す。

すぐに百周年に戻って、今度は博士の授与式です。


いったん研究室に戻って、昼休みとなり。

午後は大学院の入学式で、百周年会館にまた出ました。

それからは尚文館で大学院のガイダンスを行いました。

新入生と少し話したのちに、届いた書籍の手続きで、支援課に行きました。

他のことは何もできませんでしたね。

9月16日(木)

昨晩、帰るときはかなり気温が下がったので驚きました。

今日の昼はまた暑くなったんですが。

台風は、どうも温帯低気圧にならずに、そのままやってくるようですねえ。


今日も作業がメインです。

事務系の作業は、ホントに能率が悪いです。

夕方に、なんとなく打ち合わせも入ってしまいましたし。


日本は人類の高齢化の見本という話がありました(プレジデント)。

おそらく、この人口減少は止まらないと思うんですね。

だから、労働力はとにかく機械で代用ということになっていくでしょう。

そのあたりの技術は、ものすごく発展していくと考えます。


ただ、このままだと「人間は少数であとは機械ばかり」のような、SF小説みたいな事になるのかもしれません。

人口が減っても、昔の人口に戻るだけだという意見もありますが。

さてどうでしょう。

適正な数で止まってくれるって保証もないんじゃないでしょうか。

9月15日(水)

今日はやや気温が上がりました。

まだまだ暑くなりますねえ。


今日は午後にオンラインの研究会がありました。

専修大の土屋先生のご紹介によるものです。

ベトナムに関するもので、興味深いお話でした。


ただ、いくつか締め切りの近い作業もありましたので、そちらも片付けていました。

授業前なのに、もう事務作業に追われている感じですね。


アップルの新製品がいろいろ紹介されたようですね。

以前はiPadを使っていたから、気になっていたんですが。

いまはAndroid系になってしまったせいか、あまり注意してませんでした。


中国政府の共同富裕に関する話がありました(マネーポスト)。

格差を解消するための方策だとは思うのですが。

これはこれで、企業の勢いを止める事になってしまうのではないかと危惧します。

そうではなく、もっと法人税を上げるとか、固定資産税をガンガン取るとか、そういう方向がベターだと思うんですが。