つぶやきノート083

11月28日(日)

冷えますねえ。

3度まで落ちますからね。

ただ、日中はそこそこ気温が上がりますよね。


所用があって、新大阪に出ました。

いや、週末の新大阪の人出がだいぶ戻っている感じです。

アナウンスで、ロッカーが満杯だと言ってました。


今日は吹田から来たのですが、いつもの阪急吹田経由でなく、バスで山手町経由で来ました。

実は、法文研究棟の坂を登らないルートを模索しています。

いまは、まだなんとかなりますが、もう少しトシを取るとキツそうなので。


JR吹田からは、バスがどんどん出ているんすねえ。

予想通り、上山手町のバス停からは、ほぼ坂を登らずに来られました。

関大前の混雑を避けることもできそうですし、このルートも今後は使ってみましょう。

千里山からバスに乗る手もあるんすよね。


今日も論文の修正でほぼ終わってしまいました。

なかなか自分の作業が進みません。


ネットで『反封神榜』の話題がありました。

いまこの文章自体、ネットで見られますし、そう重要なものとも思ってませんでした。


以前はわからなかったのですが、いまはもう情報がたくさんありますので、ちょっと記します。

『反封神榜』は鎮江の人である張軫先氏が書いたもので、『神魔列国志』シリーズの最後に当たります。

ネットにも全文がアップされています(中国文学網)。

このシリーズ、やたら通天教主が目立つんですが(主役?)。

自分もざっと目を通しただけの作品です。

民国期の小説ですよね。


登場人物は、シリーズの前の作品から出ている者も多いので、ある程度前のほうも読んでないと、わからないかもしれません。

シリーズでは、『千年大比』のほうが評価高いですよね。

どうも、接引仏と阿弥陀仏は別の仏という扱いみたいすよね。

かなり、『封神榜』の設定とズレているところもあります。

また結構、武侠っぽい雰囲気もあります。

11月27日(土)

今日は近畿も冷え込んできています。

山間部では雪も降るみたいですね。


午前中は例によってクリーニング店などです。

午後は少し自分の作業ができるかと思ったら、修了生の論文訂正になってしまいました。

しかもこれがなかなか終わりません。


今度はオミクロン株ですか(ロイター)。

これニュー株だと、新しい株と間違えられるので、飛ばしたんすかねえ。

問題は、この新株が日本で流行するのかということですね。

それにしても、どんどんゴールが遠のく印象があります。

11月26日(金)

比較的まだ暖かいですね。

とはいえ、北日本ではもう雪のようです。


今日はいろいろ予定が重なっていて困りました。

客員教授の木村先生の講演があったのですが、ちょうど会議と重なってました。

講演のほうは冒頭だけ司会をやって、その後会議に出ました。


ブラックフライデーのようですが、あんま関係ないですよねえ。

慌てて購入するもんなどもありませんし。


テンセントのプログラムが使えなくなるかもという報道がありましたが(ブルームバーグ)。

ホントでしょうか、コレ。

自分はさほど影響ありませんが、困る人多いんじゃないでしょうか。


デジタル庁が凡ミスという話がありました(BLOGOS)。

どうして日本社会って、専門に強い人間を雇わないんでしょうか。

デジタル部門が弱いなら、それに強い人間を募集して、組織を作ればいいハズです。

ところが、現有の人員から寄せ集めで作るから、おかしくなります。

11月25日(木)

今日は少し気温が高めですかね。

まあ、過ごしやすいので助かります。


大学院の行事で院祭が行われます。

そのため、今日と明日は大学院が休講になります。

とはいえ、忙しいのは変わりません。

書類作成しながら、院祭にはオンラインで参加してました。


スウェーデンはもう移民歓迎ではなくなっているとのこと(ニューズウィーク)。

理想はわかるんですが、なかなかその通りにはいかないですよね。

シンガポールでも、単純労働の人はだいぶ制限をかけてました。

そうなると、日本もますます厳しくなってくるように思えます。

11月24日(水)

気温が下がって、冬という感じになってきました。

来週の予報見ると、3度くらいまで下がりそうですね。


会議会議の水曜日です。

とはいえ雑用も多く、バタバタ対応していました。


低位カーストの人がIT産業を盛んにしたというのは怪しいという話がありました(東洋経済)。

自分は結構鵜呑みにしていましたが、なるほど、そう単純な話ではなさそうです。

そもそも低位カーストの人が教育においては不利なのは当たり前ですよね。


サザエさん症候群をなくすにはどうしたらいいかという話がありました(サンケイBiz)。

解決策が「土日も働こう」というのはちょっと笑いましたが。

もっとも、自分の働き方などもそんな感じです。

オンとオフが明確でないんですよね。


先日、神社巡りをしてましたが、これも、趣味なのか研究なのかというと、曖昧です。

だからリゾート地なんて、自分は行くだけムダなんすよねえ。

そもそも神社仏閣などがないと、面白く感じませんし。

11月23日(火)

休日なので、久しぶりに神社探索に出ました。

とはいえ、出たのはむしろ大阪の中心地です。

逆に、平日に行くと混雑している所ですよね。


本町の駅に出ました。船場あたりですね。

目的はサムハラ神社ですが、そのまえに、坐摩(いかすり)神社と難波神社も見ました。

今日は七五三の家族連れが多かったですね。


サムハラ神社は、妙見なのかどうか、ちょっと判断に迷う神社です。

そもそも昭和になってから造られたものですよね。

小さな神社ですが、最近はパワースポットとして知られているかもしれません。


主神は天御中主神ですので、妙見だと考えるのが普通です。

もとは岡山の神社のようですが、そこは金比羅の上にあるんですよね。

金比羅と妙見で、おそらくは水の神としての信仰だったと思います。

そこからまた別に特化した神がサムハラ神のようです。


その後は大学に来てまして、新しいタブレットの設定をやっています。

以前のタブレットは、ちょっと性能が低すぎましたねえ。

それにしても、アンドロイドは会社ごとに結構いじっているんすね。

むしろその設定を外すのに時間かかりました。


日本の感染者数が少ない事についての話がありました(BLOGOS)。

東アジアというくくりでは、いま韓国の感染者数が増えているのは説明しにくいんですよねえ。

今回の事象でわかるのは、専門家という人たちも先入観で失敗するのを免れないという事ですね。


みずほ銀行はトップが総入れ替えになるようです(読売新聞)。

これは仕方ないでしょう。

ただ、今後こういう事は増えるんじゃないですかねえ。


デジタル技術がどんどん進展してますが、日本社会でのエライさんは、相変わらず無理解な人が多いです。

しかし、もう無理解な人では務まらない、そういう段階に来ているのではないでしょうか。

11月22日(月)

今日はずっと雨ですね。

ただ、近畿は水不足みたいですし、これくらい降ってくれたほうがいいと考えます。


今日は新しい機材が届いて、ついつい調整に時間をかけてしまいました。

このため、雑用もあまり進みませんでした。


日本の賃金が上がらないのは他に原因があるという話がありました(ダイヤモンド)。

指摘の通りで、どうも合理化を阻む仕組みが、あちこちに存在しているんでしょうねえ。

しかし、なんだかんだでこういった抵抗が大きいように思えます。

11月21日(日)

ここしばらく、週末が潰れたため、久々のオフになりました。

どうも寝不足だったらしく、早く起きられませんでしたね。


ホントは休んでいたいのですが、校正の作業もありますので、また研究室に来てます。

また、いろいろ雑用もありまして、意外にメールに時間取られました。


街は、クリスマス一色ですねえ。

海外に出ると、1月になってもツリーや飾り付けが残っているのが普通なんですが。

日本だと26日以降は急に正月に切り替えますから、大変なんすよねえ。

西暦に正月を持っていったツケとも言えますけどね。

アジアと同じ旧正月だったら、そんな事にはならないんでしょうけど。


新しい資本主義とはデジタル資本主義だという話がありました(現代ビジネス)。

いまのアメリカの有力企業は、みんなデジタル関連ですからねえ。

日本社会の停滞の原因のひとつが、このデジタル対応が遅れた事にあるでしょう。


90年代から、自分はずっとデジタル化を訴えてきています。

このままだとヤバイ事態になるんじゃないかと予想したからです。

とはいえ、人文学の業界に向けてのものでしたが。

11月20日(土)

ここしばらく、気温が高めですね。

いったんコート着てたりしましたが、引っ込めたりもしています。

もっとも、朝晩は結構冷えるんですけど。


大学院の説明会がありまして、担当してました。

説明自体は、以前に撮影したものを使っているんですが、相談はオンラインでやらねばならないので。

そして、博士論文提出に関連する話で、院生がやってきました。

他の作業はできませんでしたねえ。

残念ながら、道教学会には参加できませんでした。


私立大学のガバナンスを変えるという話がありました(NHK)。

ここしばらく、不祥事が多かったですし、改善を求められる事自体は仕方ないのでは。

とはいえ、評議委員に外部の人を増やしたからって、機能するようになるんでしょうか。

いささか疑問に思います。

11月19日(金)

1・2限授業は今日までで、来週からは2限だけに戻ります。

また朝から1・2限とやると、午後は疲れてしまって、作業も進まないんすよねえ。


今日は早めに退室して、梅田近辺に出ます。

平日じゃないと受け付けていないので。

その代わり、明日は大学院の説明会でずっと業務になるので、入れ替える形ですかね。

校正の作業もありますが、これはあさって回しです。

11月18日(木)

今日もほぼ雑用と授業で終わりですねえ。

週末は大学院の説明会があります。

そのため、ちょっと明日の午後は早めに引き上げて、私用に当てる予定です。

さすがに、毎週週末が潰れるのはイタいですねえ。


大阪駅の迷路ぶりについて話がありました(プレジデント)。

自分も何度も迷いましたよねえ。

その後も、工事が続いてますます迷路になっています。

阪神の地下あたりも、地下2階なのか3階なのか、判断に迷うところが多いんすよね。

昨今は、以前よりは迷わなくなりましたが、まだまだですね。

11月17日(水)

今日は会議はありません。

雑務に追われているのは変わりませんが。


来週は、火曜日が祝日で、また木曜は院祭で大学院が休講になります。

ここんとこ、週末がずっと業務なので、助かりますね。


脱成長と経済成長は実は相反するものでもないという話がありました(東洋経済)。

大学に関して、「経済成長したいなら、むしろ改革を止めろ」ってのは、合っていると思います。

というより、教育と研究に専念させて、あとの用務は一切やらせないほうがベターでしょう。

ヘンな雑務をやらせるから、効率がむしろ落ちるんすよ。

毎日バカバカしい書類に追われている自分なので、余計にそう思いますねえ。


財政出動はもっと考えろという話がありました(東洋経済)。

「好況でもないが不況でもない」という話はそうなのかもしれません。

ただ、停滞はしてますよね。


対策は、とにかく研究開発や教育に予算を傾けることだと思うんですけどね。

指摘されているように、イノベーションというのは、研究開発の分野から、ふとした事で起きるものです。

しかし現在の日本社会では、政府も、会社も、とにかく教育研究を軽視しています。


このあたりは、グローバルに合わせる改革が必要だと思いますが。

改革が必要なのは、大学ではなく、むしろ大学を上手く使いこなせない社会のほうなんですよね。

エライ人はソコがワカランのです。

11月16日(火)

大学付近でスマホを見ると、5Gになっている事が多くなってきましたね。

阪急の駅でも、よく5Gになっているのを見ます。


今週の土曜も、大学院の説明会が入ります。

そのため、学会は不参加になりますね。

どうも、今月は週末がひたすら仕事で潰れます。


子どものいる人のほうが幸福度が低いという話がありました(プレジデント)。

そうなると、ますます少子化が進みそうな気もします。

「親ガチャ」というコトバが話題になってましたが、「子ガチャ」というのもあると考えます。

それで失敗したと思う親もあるんじゃないでしょうか。


人にもよると思います。

子育てが幸福に思える人と、そうでない人では全然感覚が違うでしょうし。

自分のような人間は、そもそも向いてないのでダメですよね。

11月15日(月)

昨日、行事の後処理に追われて、このコーナーの更新を失念してました。

まあ、別に毎日書く必要はないんですけど。

サイトを持ってからの習慣になってますよね。


昨日、それに今日の午前中も、行事の後処理に追われています。

報酬の決定、機材の返却などですね。

連絡メールも多いですし。


アビガンも効き目は薄いようですねえ(BLOGOS)。

特効薬が開発されれば、かなり変わってくるのでしょうけど。

11月13日(土)

今日はひたすらイベントでした。

東アジア設立10周年行事です。

朝から晩まで。


途中、パネラーのひとりの通信が途切れて、大慌てしましたが。

その他では、あまり問題もありませんでした。

同窓会的なものを考えていましたが、かなり興味深い会合になりました。

今日はそれで終わりですね。

実は、明日も会議があります。

11月12日(金)

臨時の授業が入るので、当面1限2限となります。

朝早く起きるのは、まあ仕方ないのですが。

しかし、午後になるとアタマが働かなくなりますね。

明日もイベントがありますし、早めに引き上げます。


みずほ銀行について話がありました(東洋経済)。

これホントなんすかねえ。

もっとも、会社の内部って、一緒に仕事しないと見えてこないんすよね。


自分も、プログラマ時代は、いろんな会社に行って仕事してましたが。

大きいだけで、ダメな会社というのも、結構あるのに驚きました。

若者が3年で辞めるという話がありますが、むしろ賢明なんじゃないすかねえ。

11月11日(木)

なんか天気が不安定ですね。

突然風が強くなったり、雨が降ったり。

急に晴れたり。


大学院の授業がメインの木曜日です。

ただ、やはり会議がオンラインで入りましたが。


合間に校正やってます。

それにしても、だいぶ前の原稿なんで、すっかり忘れてますねえ。


安物天国が終わるという話がありました(東洋経済)。

おそらく、物価が上がって、給料が上がらないという状況になるんでしょうねえ。

とはいえ、まだまだ豊かなんだと思います。

だから、政治上もまだそんなに不満も出ないのでしょう。

どうも、自分の生きているうちには変わりそうもありませんねえ。

11月10日(水)

午前中穏やかだったのが、午後には風が強く、不安定な天気になりました。

どうも、寒くなってきそうですね。


会議会議の水曜日です。

というか、今週はほぼ毎日会議があるんですよね。

これもまた珍しいですが。


国の借金がヒドいと騒がれています。

それは理解できますが、もし国民にさらに負担を乞うなら、資産を売ってからしたらどうでしょうね。

国会議事堂なんて必要でしょうか。

あんなもん売り払って、プレハブの建物かなんかで会議すればいいんじゃないでしょうか。

投票だって、電子投票ですぐ済ませればいいですし。


感染者が減った理由について記事がありました(プレジデント)。

参考になります。

専門家も、いろんな意見の人がいますからねえ。

自分は、アジアでこれだけ重症化が少ないことについては、ファクターXがあるものと思っています。

もっとも、現状は日本政府がちゃんと行動した結果ではなく、偶然に過ぎないと考えますが。

11月9日(火)

今日は降ったり止んだりで、また霧雨という感じでしたね。

気温は、午後急に下がったように感じます。


雑用、授業に打ち合わせというのは、昨日とほぼ同じです。

しかし、打ち合わせはzoom使用が当たり前になったのは大きいですねえ。


来年の干支は寅なんすねえ。

そういえば、寅年生まれの自分が還暦なんですから、そうに決まってますわ。

どうも、最近はあまり干支は気にならなかったりします。


コロナの無理ゲーをいつまで続けるのかという話がありました(現代ビジネス)。

自分も、結構これに近い意見です。

さっさと2類から5類にすべきではないかと考えます。


50代の切り捨てが行われているという話がありました(東洋経済)。

いやだから、パフォーマンスが悪いなら、年齢にかかわらず給料を下げたらどうでしょう。


バイトの時給の話がありました(ITメディア)。

いやだから、人手が足りないなら、時給を上げたらどうでしょう。


どうしてパフォーマンスや状況に応じて、給料を上げたり下げたりできないんすかねえ。

この給料の硬直性のほうが、もっと深刻な問題なのかもしれません。

11月8日(月)

風が強いんですが、生暖かい感じすねえ。

まあ、そんなに寒くならないのは助かりますが。


授業と雑用、それに打ち合わせで終わりなのは相変わらず。

辞典のゲラが来たのですが、あまりにも前の原稿で、すっかり忘れていました。


イギリスの状況が書かれていました(現代ビジネス)。

だいぶ生活が戻っているんですねえ。

日本も、そろそろ5類にして、もう少し負担を軽減させたらどうでしょう。

マスクについては、当面外す事はできないと考えますが。

11月7日(日)

週末の午前中は、どうしても私用がいろいろ入りますねえ。

昨日のガス点検もそうですが。

もっとも、休日ですから本来は休んでいるべきなんでしょうけど。


残念ながら作業が追いついてない状態です。

午後は大学で、オンラインで研究会に参加。

同時に、10周年行事のパワーポイントを作成しています。


週末は、せめてモノ書きに徹したいんすけどねえ。

いまその時間さえ足りないありさまです。

13日は10周年行事で潰れますし、20日は大学院の説明会担当になります。

20日の道教学会も、また欠席になりそうです。

こんなんじゃ、学会関連の仕事なんて手伝えませんよねえ。


安いニッポンに関する話がありました(現代ビジネス)。

失われた30年とか言ってますけど、そもそも存在しなかったんじゃないすか。

また「途上国」って名称もどうでしょう。

発展する途上だから途上なわけで。

日本は「衰退国」でしょうに。


だから研究と教育に投資しましょうよ。

人材にもっとカネを使いましょう。

まあ、やらないのはわかってますけど。

11月6日(土)

今日と明日も、オンライン研究会があります。

ただ、今日の午前中はガス点検のため、自宅から出られませんでした。


終わってから午後大学に来て、研究会に参加しました。

一方で、雑用も結構こなしてます。


コロナの内服薬が登場という話がありました(BLOGOS)。

この治験の結果が本当であれば、かなり期待できますね。

ただ、普及するまでにはどれだけかかるんでしょうか。

11月5日(金)

今日は1限2限の授業があって、朝からでした。

その後、午後は泊園の研究会にオンラインで参加。

しかし、アタマがあまり働かず、作業も進みませんでしたねえ。


選挙結果に関する分析がありました(プレジデント)。

どうも、やはりイメージで投票する人が多いみたいですし。

そもそも、投票しない人はもっと多いですしね。


自分も棄権はしませんが、ある意味自己満足で投票しています。

それにしても、大阪での維新の強さにビックリしました。

11月4日(木)

今日はゼミと、そのあとの院生指導でほぼ終わってしまいました。

雑用はまだまだあるんですが、なかなか終わりません。


もっとも、来るときに生花店に寄って、来週の行事に飾る花を依頼してたりしました。

届けてくれるんですね。

まだパワーポイント作成できてません。

明日以降、オンライン研究会に参加しながら作成しないと。


働かないオジサンの話がありました(現代ビジネス)。

いやまあ、自分も働かないオジサンの一員ですが。

指摘の通り、コツコツ働いているのに、成果があがらない人なんすよね。


自分も、研究や調査に関しては、やる気があります。

教育は、可もなく不可もなしという形で。

そして、事務作業に関してはやる気ゼロです。


結局、事務作業がやたらダラダラと時間がかかり、それで生産性が低くなっています。

典型的な働かないオジサンですね。

これ、働かせているほうも非効率だと思うんすけどねえ。


雑務がなくならないのはなぜという話がありました(ITメディア)。

いやホント、くだらん有職故実は止めて欲しいですわ。

効率化から、ほど遠い書類が多すぎます。


役所もそうですが、大学なども「いままでの慣例」に縛られすぎです。

それこそDXに向かないのなら、ガンガン廃止して構わないと考えます。

11月3日(水)

休日のようですが、むろん仕事です。

実はここ数日、学内外からいろいろ仕事の依頼がありました。

なんか重なる時は重なるんですよね。

しかし、いまでもキャパオーバーな状態ですので、なるべくお断りしています。

とはいえ、モノ書きの仕事は受ける予定で、いまその下準備しています。


今週末も、泊園の行事、研究会などが入っています。

ただ、なるべくオンライン参加にするつもりです。

来週のイベントの下準備もしなければなりませんし。

さらに、リレー授業もあってバタバタしています。

ホントは、もっとお寺見に行きたいんですけどね。


インフレ2%説は意味がないという話がありました(東洋経済)。

それはその通りだと思います。

ただ、インフレは目指さざるを得ないのでしょう。

国の借金を減らす大きな手段のひとつがインフレなんすからねえ。


しかし、金融緩和だけでインフレを目指したのに、全然ダメだったですよねえ。

結局、給料が上がらないとムリなんすよね。

そのためには、やはり経済が発展しないと難しいと思います。


かつて日本では、「資源も土地もないので、人材を育成する」と言ってました。

ところが、この話がいまは全然聞かれなくなりましたよね。

そして、教育や研究の予算をどんどん減らしていきました。

これがダメなんだと考えますけどね。

11月2日(火)

今日も学園祭で休講です。

ですので、久しぶりに京都に出ました。


まず、龍谷ミュージアムの「アジアの女神」展です。

なかなか見応えがありました。


准胝菩薩は確かにもと女神なんすよね。

そうなると、『封神』の準提道人も、女性で描いたほうがいいのかも。

慈航道人は、いまの廟では女性の像だったりすることが多いんすけどね。


その後、例によって妙見探しで、島原のほうに出ました。

今日は西本願寺は前を通っただけですね。


島原の大門は、以前も見たことがあります。

この付近に、十二支妙見の2つがあるのを、すっかり見落としてました。


まず法華寺の妙見堂です。

法華寺は北野にもあるんですが、それとは別です。

未の妙見堂に当たります。


それから慈雲寺に出ました。

申の妙見となります。

大きさも形も似た妙見堂ですよねえ。


それから、北上して阪急の大宮駅に出て、それから関大前に向かいました。

今日も雑用です。

今週はまたリレー授業が入るので、その資料をアップしたりしています。


テレビメーカーが減っているという話がありました(BLOGOS)。

自分も、テレビ見ている時間が減りましたからねえ。

かつては、テレビやビデオをしょっちゅう買い換えてましたが。

いまは全然必要性を感じません。

そのうちモニタで代用するようになるかもしれませんね。

11月1日(月)

今日は学園祭です。

授業も、学部は休講ですね。

しかし、オンライン開催のようで、学内は閑散としてます。


午前中は江坂に出て、買い物してました。

これも久しぶりですねえ。

午後は大学に来て、雑用やってます。

ただ、今日は少し学生や他の先生の応対にも追われました。


選挙の結果について記事がありました(ニューズウィーク)。

先日から書いているように、何も変わらないと思ってましたので、別に感慨もありません。

おそらく、もっともっと目に見えて貧しくならないと、変化しないのだろうと考えます。

むろん、維新に支持が集まったのは、また意味がある事と考えますが。

10月31日(日)

朝方は雨が降ってましたね。

気温は高めに思えます。


今日もシンポジウムに参加です。

ただ、朝早く起きて、まず選挙に行って、それから大学に来ています。

朝方だったので、投票所はガラガラでした。

珍しく、最高裁審査で、そこそこバツを付けてきました。

納得いかない判決が多かったので。


午前中は、以文館の会場で発表してました。

予想通り、時間がなくなったので、短めに抑えました。

それでも少しオーバーとなりましたが。


午後は研究室に戻り、オンラインで参加しました。

作業をやりながらになります。

明日あさってが学園祭で休講なので、少し助かりますが。


社会保障の議論が行われないという話がありました(東洋経済)。

重要な事でも、負担が重くなるという話は、どの政党もしないんすよねえ。

10月30日(土)

今日と明日は東西研のシンポジウムが開催されています。

ただ、午前中は私用優先してました。

午後は研究室で、オンラインで参加になります。

明日は会場に出向きますが。


バラマキ批判に関する話がありました(東洋経済)。

いや、確かにバラマキはイカンと思いますけど。

だいたい、いまこんなに借金があるのも、ひたすらムダなところにおカネ使ってきたからですよね。


もっとも、選挙も期待できませんし、今後もムリなんでしょうねえ。

おそらく、もっと目に見えて貧乏にならないと、理解しないんでしょうね。

10月29日(金)

結構冷えてきてますねえ。

朝晩と昼の気温がかなり違いますし。


来週は学園祭になります。

もう学園祭モードになっている感じですが、それほど騒がしくないすよねえ。


今日も、雑用と授業で終わりなのは変わりません。

明日あさっては東西研のシンポジウムです。

個人的にやや忙しいので、発表以外はオンラインで断続的に参加することになりそうです。

スキを見て選挙も行くつもりですし。

その次の週も、ガス設備点検とかが入るんすよねえ。


感染者数激減の話がありました(東洋経済)。

ワクチンも重要ですけど、それだけではないようですよね。

いろんな可能性を考えてみたいです。

一部の専門家の話だけ聞いていると、絶対に判断間違えますよね。

10月28日(木)

ここ数日は、基本的に晴れですが、天候は不安定ですよね。

昼はやや暖かく感じます。


授業と雑用に追われているのは変わりません。

今日は突発的に打ち合わせも多かったですね。


役職が面倒だという話ですが。

会社なら、マネージャはマネージャで、管理の仕事がメインになると思うんすよね。

ところが、大学での役職ってのは、通常の業務にプラスして管理の仕事になります。

授業や、業務などが減るわけではないんですね。


むしろ負担は倍になります。

それで、いま自分などは時間がありません。

授業、通常業務、加えて管理業務、会議などなど。

それで給料が倍になってくれるならまだ納得です。

しかし、役職手当はちょっとだけ。

こんなもん、やるだけ損ですよ。


以前は、役職になりたがる教員もいましたが、いまは苦役のように見られて、避けられてますよね。

だいたい、研究の時間が全然取れません。

自分も、早く役職からは降りたいんですが。


小選挙区を止めろという話がありました(アゴラ)。

高齢者は誰であろうが支持政党なら入れるんだそうです。

こんなもん、選挙と言えるんですかねえ。

まあ、上の世代がもっと減るか、さらに貧しさが実感できないと変わらないんじゃないすか。

むろん、無力さを感じても、それでも投票は行きますけどね。


親ガチャについて話がありました(プレジデント)。

裕福な家庭と、そうでない家庭の格差については以前から言われてましたが。

遺伝的なものまで含めるのが、現代の問題ですねえ。


自分も、生まれた家はビンボーでしたから、このあたりの話は実感できます。

努力だけでは埋め尽くせない差があるんすよね。

主張のように、格差をむしろ政治的に解消していくしかないと考えます。

10月27日(水)

会議会議の水曜日です。

それに伴う雑務で、1日終わりです。


作業自体はそれほど苦痛ではないんですけど。

他の教員や事務と調整が入る仕事は、とにかく苦手です。

要するに、協調性が全然ない人間なんですねえ。

こういう人間は、役職やっちゃダメだと思います。


モンキーズの再評価の記事がありました(note)。

これはスゴイすね。

なんかモンキーズは、不当に低い評価されているように思えますし。

自分も、こういうミュージック系の話をもっと書きたいですよねえ。


オジサン社員の高給は間違いだという話がありました(プレジデント)。

自分もそう思います。

ただ、まぎれもなく自分は「働かないオジサン」に属する人間ですので、あまりエラそうな事は言えません。


とはいえ、そういうオジサンたちが多いせいで、多くの会社が動かない組織になってしまうのは、やはり避けたほうがいいと考えます。

それが日本社会のあらゆる場所で起きているのが、低迷の原因なんでしょうし。

10月26日(火)

昼は少し暖かくなりましたね。

ただ、朝晩との気温差が激しいですけど。


午前中は病院に出ていました。

結構混んでいましたね。

どうも、コロナの感染者に反比例するんすかねえ。


あとは雑用に授業です。

支援課に書類を提出するのに、ウッカリして書籍を持っていくのを忘れて、2往復しました。

最近、この手のボケが増えていますね。

もう老人ですから。


選挙の日、シンポジウムで発表なんですよね。

まあ、朝イチで投票して、それから大学に向かえば間に合うと思います。

期日前投票を行うほどでもないと判断します。


最近は、ホントにキャッシュレス生活になっていますが。

病院だけは現金でないとダメですね。

あとは理髪店くらいでしょうか。現金でないとダメなのは。


公約が果たされても給料は上がらないという話がありました(ITメディア)。

そら赤字企業が多ければ、意味がありませんよねえ。

雇用を守れとかと称して、赤字中小企業、あるいはブラック企業などを温存してしまったわけで。

それが日本社会の衰退の原因なんですよねえ。

全然、「資本主義的」ではありませんね。


こういった企業を温存することに関しては、保守もリベラルも一緒のようですし。

そうなると、自分が支持する政党って、存在しないことになりますよね。

まあ、選挙の結果がどうあれ、何も変わらない気もします。

10月25日(月)

今日はずっと雨ですねえ。

また気温も上がらず、寒いです。

ただ、まだ暖房は入れてないですね。


だいたい、こないだまで半袖の人を結構見たのに。

いまはコート着ている人、多いですよね。

自分はまだ秋のジャケット着てますが、いきなり冬物に変えても問題なかったすね。


授業と雑用で終わってしまうのは、いつもの通りです。

また、注文していたプリンタが来たので、入れ替えやってました。

もうプリンタは安いのを買って、使い倒すことにしました。

1万円未満の機種ですしね。

コンピュータ機器に関しては、自分はかなり酷使するほうですよね。


日本の給料が安い問題について話がありました(東洋経済)。

この「なぜ賃金が上がらないのか」という問題は、トコトン議論して、解決せねばならないと思います。

ただ、おそらくこの状況は、多くの人が望んだ結果でもあると思うので、解消は難しいでしょう。

中小企業ではなく、まずブラック企業を取り締まって、潰して欲しいもんですが。

そういう公約している政党、ありませんかねえ。

10月24日(日)

午前中は家事優先してました。

来る途中、QBハウスの前を通ったら、空いていたので、つい入ってしまいました。

普段はなるべく、混まない平日に行くんですけど。


昨日、新大阪通ったときも思ったんですが、人出がだいぶ回復していますよね。

経済的にはいい事だと思うんですが。


今週末から、ちょっと日程がイレギュラーになります。

週末に東西研のシンポジウムがあり、自分も少し発表せねばなりません。

その後、関西大は学園祭となり、学部の授業が休講になります。

まあ、自分はほぼ仕事していると思いますが。

ただ、お寺探索は少し出る予定です。


午後は大学に来ています。

モノ書きを進めたいんですが、書類に手間取っています。

ひとつは12月の調査の書類で、四国に出る予定で作成しています。

しかしまあ、8月の九州はさんざんでしたからね。

同じような事は起こらないと思いますが。


あとは年末調整の書類です。

いや、これこそ電子化してくれませんかねえ。

細かいし、面倒ですし。

手書きで、やたら時間かかります。

10月23日(土)

珍しく業務がないので、久々にお寺探索に出ていました。

ひとつには、カメラを新しくしたので、そのテストでもあります。

夏に訪れる予定でもあったのですが。


新大阪で乗り換えて、摩耶の駅に出ました。

この駅は初めてです。結構新しいんすね。

それから北上しました。

途中、川の名前が「盗人川」であるのを見て、ビックリしました。

由来は不明のようですが、調べたくなりますよね。


水道筋はちょっと通っただけです。

こちらの商店街は以前来たことがあります。


さらに北上し、五毛神社に出ました。

少し拝んで写真を撮りました。


もっとも、今日の主目的は隣の海蔵寺です。

境内に霊符堂があり、そこを見に来ました。

もとは神宮寺だったようです。


それから空観上人を祀ったという空観堂を見ました。

ここは興味深い空間ですねえ。

八大龍王も祀られていました。


それから王子公園の駅に出て、阪急で関大前まで出ました。

写真はよく撮れていて安心です。


あとは大学に戻り、雑用です。

面倒な年末調整の書類も来ましたが。


ラーメンの話がありました(東洋経済)。

札幌は味噌というのも、なんか思い込みなんすよね。

実際に行ったら、いろんな味のラーメンありましたし。

流行も、なんか作り出される事が多いようですし。

でもご当地ラーメンは行った先では食べるようにしています。

10月22日(金)

昨晩、自宅のデスクトップパソコンで更新をかけたら、Windows11へのアップデートになってしまいました。

ウッカリして、あまり確認しないで行ってしまいました。

そこそこ時間がかかって、確認作業も行ったら深夜になり、今日はやや寝不足気味です。


今日は2限の授業が終わったあと、研究室のデスクトップも同じようにアップデートしようとしました。

ところが、こちらは通常の更新なんですね。

面倒なので、マイクロソフトのサイトでアップデートのプログラムをダウンロードしました。

こちらもかなり時間かかりましたが、なんとかアップデートできました。


そして、研究室のノートパソコンも同様にアップデートをかけました。

こちらもかなり時間かかりましたね。

まあ、なんとか無事に、保有の3台のWindows11への切り替えができました。


下のタスクバーが、中心に来るようになりましたね。

動作も、少し軽快になった感じがします。

まだ周辺機器が全部動くかどうかまでは確認していません。


授業のほか、いくつか雑用もこなしてますが、今日はアップデートが主な作業になってしまいました。

とりあえず、無事に終わってよかったです。


新自由主義なんて日本にはないという話がありました(アゴラ)。

自分も同意します。

ゴリゴリの資本主義や、自由主義が機能していたら、働かないオジサンなんて存在できませんよね。

もっとタチの悪い、古い制度が残っていると考えたほうがいいです。

そして、当面その制度はこのままだと思います。

10月21日(木)

来週あたりは気温も少し戻るようですが。

このいきなり夏から冬という感じは、ちょっとキツいすねえ。

まあ、自分は夏も冬も、ほぼ同じ格好していますが。


モノ書きの時間を確保すると、今度は業務が進まなくなりますね。

もっとも、それは理解したうえで、作業してます。

忙しい事には変わりませんが。


ネットで、『高雄新報』の『封神』訳の話がありました。

これは自分も知りませんでしたねえ。

あるいは、安能版のベースになってるんでしょうか。


ヤフーコメント欄についての話がありました(プレジデント)。

自分も、ちょっと異様に思いました。

小室氏の記事が、ものすごい速度でコメントで埋まるんですよね。

しかも、批判のコメントばかり。


少数の人間だとしたら、それはそれでずいぶん懸命にやってるなと。

だから、もうネットは匿名は止めたらどうでしょう。

実名さらして、同じ批判ができるならやってみてろという感じで。

10月20日(水)

雑用も相変わらず多いのですが、モノ書きの時間も作るようにしています。

今日は会議もないので、午後はモノ書きに当てることにしました。

実は、どうも書籍を執筆することになりそうで、そのためには、他の文章は早く終わらせる必要があるからです。


阿蘇山で噴火があったようですね。

いや、最近京都に地震が多いとか、どうもあまりいい予感がありません。

もっとも、日本に住んでいる以上は、いずれは災害は免れない状況なんでしょうけど。


東京が老いるという話がありました(サンケイBiz)。

日本全体が衰亡しても、東京だけはしばらく豊かであり続けると思ってますが。

それも限界があるようですねえ。


もう人口が減ることを前提に、いろいろ準備するしかないと思います。

まず人手が足りないところは、ロボットで補えるようにする。

なるべく都市をコンパクトにまとめることにする。

遠いところのインフラは、もう整備しない。

10月19日(火)

雑用に追われ、合間に授業をやっているのは変わりません。

また院生が相談に来たりもしてました。

モノ書きも、あまり時間が取れません。


日本人の給料が上がらないという話がありました(東洋経済)。

ここで指摘されているように、多くが製造業の工員の基準になっているんでしょうねえ。

そして、そのブルーカラーの基準で、ホワイトカラーも判断するからおかしくなる。


自分がプログラマだったころも、工数で管理されてました。

しかし、腕のいいプログラマだったら、そんなもん無視して、短時間で優れたプログラムを作るハズです。

でもそういう判断では給料は出さない。


なんでもっと、人によって給与を変えないんでしょうか。

優秀なプログラマなら、何倍もの給料を提示して雇うのが筋です。

また、大学院卒の給料も、高くあるのが当たり前です。

しかし、日本社会は製造業の工員としてしか判断しないので、突出した判断になりません。

それで、熟練工という形で、年功序列型になります。

バカバカしいですよ。