つぶやきノート084

1月14日(金)

時々、雪が強く降ってきたりします。

ただ、全然積もらないすね。

京都は積雪のようですが、大阪は全然積もっていない形です。


午前中が授業、昼からはオンライン会議がいくつか、そして夕方にも会議が入って、何もできません。

オマケに急ぎの業務が重なったりしています。

慌てませんけど、とにかく時間がありませんねえ。

しかも、今朝はヘンな時間に目が覚めて、寝不足でアタマが働きません。


毎年、この時期になるとカゼひいているんですが。

ここしばらく、カゼに罹ったことがありません。カゼみたいな症状が出たりはしますが。

コロナ対策でマスクして、それから手洗いなどをずっと行っていると、カゼも罹らないみたいすね。


生産性が低いというのはなぜという話がありました(BLOGOS)。

この指摘は当たっていると思います。

結局、日本の多くの会社では、ハイパフォーマーがいたとしても、評価されないし給料も上がりません。

だから、チンタラ仕事したほうがマシって事になります。

1月13日(木)

冷えますねえ。

また、風も強くて難儀しています。


昨日から関西大でネットの障害が起きているようです。

いまのところ、自分にはさほど弊害はないのですが。

時々、メールが届いていないようですね。


修論については、明日の提出日を控えて、だいたい終了です。

細かい対応までは見送る事にしました。

1日でフル対応はムリですので。


ただ、今度は博士論文審査があります。

まだあまり読めてません。

次の週末は、こちらの対応で終わりそうです。

次から次へと面倒な業務が続きますが、1月は仕方ないですねえ。


今週末は共通テストですよねえ。

オミクロン株の感染が広がっているのが懸念されます。


政府の対応が遅れているという話がありました(BLOGOS)。

指摘の通り、もうこれだけオミクロン株の感染者がいるので、水際対策は止めてもいいと考えます。

ある一定の期間で終息してくれればいいのですが。


むしろいまこそ5類への引き下げをやったらどうでしょう。

早め早めの対応のほうが、ベターだと思うんすけどねえ。

1月12日(水)

会議会議の水曜日です。

ただ、自分が主になる会議以外は、ひたすら修論の直しをやっています。


卒論もそうだけど、ギリギリで直しを持ってくるのを止めて欲しいすね。

まあ、困るのは本人なので、あくまで対応できる範囲でやります。


週末は共通テストのようですが、今回は非番です。

それにしても、どうして入試ってこう一番寒い時期にやるんでしょうか。

1月11日(火)

朝から雨ですねえ。

ただ、気温はさほどでもないような。


今日と明日が卒論の提出日なのですが、まだバタバタしてますね。

ついつい、3回生のゼミでは説教気味になってしまいました。

来年こうなるな、という感じすね。


ジョブ型雇用について話がありました(東洋経済)。

自分もちょっと誤解してましたね。

ただ、アメリカなどでよくある「You're fired」はどうなんでしょう。

査定を行わないでやるとは思えないんですが。


自分ら、教員ってのは結構ジョブ型雇用だと思ってます。

英語学、経済学といった形で募集が出て、そのジョブに応募する形です。


しかし、いったん就職すると、今度は年功序列になってしまうんすよねえ。

査定は全然ありません。すると、本来のジョブ型に近いんすかね。

うーん、ジョブ型とメンバーシップ型のハイブリッドでしょうか。

1月10日(月)

今日も修論と卒論対応で、1日終わってしまいました。

結局、自分のほうの作業は全然できません。

最近、週末すら自分の研究ができないので、ウンザリしてます。

もっとも、だいたい1月はこんな感じすね。


東北三省、旧満洲の胡仙と呼ばれる神々の体系、非常に特殊なものです。

男性側の高位の神が胡三太爺、女性側の神は金花教主。

金花教主は姜子牙が封じたもの。

また、これらの神々は、通天教主の配下であるともいう。


どうして通天教主が出てくるかというと、これらの神々が動物神だからですね。

胡仙はキツネの神仙であり、金花教主もヘビの神仙であるということです。

むろん、『封神』とは何の関係もないわけですが、民間ではこういう扱いになってしまっているんでしょうねえ。

当然、北方民族の影響を受けて成立している神格だと思います。


50代は転職が難しいという話がありました(東洋経済)。

自分なども何回も転職してきた人間ですが。

さすがに、いまはもう転職しづらいですね。

だいたい年金にしろ、退職金にしろ、長く勤めるほうが有利です。

1月9日(日)

今日も卒論修論の修正に追われて、作業はできませんでした。

さすがに毎行直すという作業は、なんかストレス溜まりますねえ。

もっとも、慌てて対応はしません。


自分の作業が進まないのがまた困ります。

旧満洲の民間信仰について調べているのですが。

これまで調べたことのない信仰体系で、それは興味深いんですが。

いきなり、資料に「通天教主の配下」ってあってビックリしました。

どんなところにも入ってきますね、『封神』関連は。


オミクロン株について記事がありました(読売新聞)。

会食でマスク外したらアウトですか。

驚きの感染力ですねえ。

1月8日(土)

午前中は家事を少しやってました。

その後、新大阪で所用。

吹田のバス周りで来るのも、すっかり慣れました。

いや、JR吹田から阪急吹田まで歩くことを考えたら、こちらのほうがラクです。


大学でモノ書きをしようとしたのですが、修論の訂正が来て、こちらに時間取られてます。

というか、前に直した日本語をまたヘンにしてしまうのは止めて欲しい。

二度手間、三度手間になり、面倒極まりない。

なもんで、急がずにやってます。


以前に発表した中国語の論文について、土屋先生から冊子をいただきました。

なんとか無事出版されたようで、よかったです。


定年についての話がありました(マネーポスト)。

かつてサラリーマンだった自分ですが、一般企業に務めていたら今年が最終年だったんでしょうねえ。

しかし年金が出るまで、少なくともあと5年は働かねばならんのです。

自分らの世代はまだマシなんでしょうけど、やはりゴールポストが動くのがキツいすよね。

1月7日(金)

授業再開です。

まだ気が緩んでいる自分にとっては、いきなりハードな再開となりました。

卒論、雑務がいきなりドッと来た感じです。

まあ、慌てず対応します。


オミクロン株の感染者が増えていますね。

ただこれも、ある程度まで増えて、また減っていくものと推測します。

早くピークが過ぎて欲しいと思っています。


賃金を上げろというのは社会主義的な政策だという話がありました(マネーポスト)。

指摘の通りだと思います。

そうではなく、パフォーマンスのいい社員の給与をアップしなければなりません。

全体を一律に上げるというのは、それこそ社会主義的です。

むしろ政府は、「一律ボーナス」「年功序列」を止めろ、と指示すべきです。

1月6日(木)

関東では雪の予報みたいですねえ。

こちらはせいぜいパラつく程度です。


モノ書きに徹したいところですが、卒論指導が入りまして、例によって進みません。

今月は、授業は少なめですが、博論審査などが入るんですよね。

明日は金曜なのですが、月曜の授業日となっています。


中国の就職状況について話がありました(ダイヤモンド)。

いままで中国からの留学生については、中国に帰国して就職するよう勧めてました。

しかし、今後の状況は読めなくなりましたねえ。

むろん、日本の経済の停滞ぶりからすれば、まだ中国のほうにアドバンテージがあると考えますが。

1月5日(水)

今日も研究室に来てます。

他の教員も、ちらほら来ているように思えますが、基本的には閑散としてますね。


午前中は卒論対応に追われてました。

何本かまとめて対応という感じです。

午後からはモノ書きに徹してますが、なかなか進みません。


引き続き妙見について調べていますが、国常立尊に関して、少し見落としていたかもしれません。

妙見社の多くは、天御中主尊の神社に変わりましたが、一部国常立社に変わっているんすよね。

以前、池田市を調べた時は、これについても注意していたんですが。

その後、あまり調べていませんでした。今後は、こちらにも注意する予定です。


感染者数がまた増えていますねえ。

授業にはそんなに影響はなさそうですが、入試に影響が出るのではないかと危惧します。

1月4日(火)

今日はもうあちこちのお店が開いてますね。

こちらも、新大阪で少し買い物してきてから、大学に来ています。

JR京都線がだいぶ遅れていましたが。


少しモノ書きに時間を割いています。

大連のお寺の旅行記みたいなもんですが、ある程度進めておかないと、次はいつ時間が取れるかわかりませんので。


今年は還暦の年なので、一応一区切りとは思ってます。

ただ、定年はまだ5年後ですので、しばらくはまだ退職とはなりません。

助かるのは、当面は給料が下がらないという事ですね。


金融システムについての話がありました(東洋経済)。

「お金は階層構造」というのは、なるほどと思いました。

実際、社会の状態で、相対的に決まるのがお金なんでしょうねえ。


やたらと資本主義を非人間的なシステムみたいに非難するのは、指摘のように問題だと思います。

むしろ人間的なシステムだから、長く続いてしまったんじゃないですかねえ。

いまんところ、欠陥をどう改善していくかしかないのでは。

1月3日(月)

今日からはほぼ通常営業という感じです。

当面は、卒論と修論の対応に追われる形となります。

今日は、ほぼ修論の修正と、報告書作成で終わってしまいました。


調査に出ていると、歩くのに疲れて早めに就寝、それで早起きで健康的な生活となるんですが。

戻ってくると、またすぐに元の木阿弥です。


高齢者はマクドナルドを食べたほうがいいという話がありました(東洋経済)。

自分もその通りだと思います。

とはいえ、おとといイオンモールのマクドナルドに行ったのが久しぶりだったですね。

正直、大学院生時代から、食生活についてはあまり変わってないんすよね。

ジャンクフード満載の生活を送っています。

1月2日(日)

今年の正月は、土日になるんすねえ。

今日もお寺探しです。

初詣だとは思ってないんすけど、この2日間で10箇所以上、神社仏閣を回ってます。


今日もまず大日イオンモールに出てしまいました。

いや、開いている店探すのが面倒で。

また、イオンモールのフードコートは、とにかく選択肢が多いです。


南茨木の駅に戻って、阪急に乗り換えて西向日へ。

向日町周辺を探索に出ました。


向日神社は参拝で長蛇の列となっていました。

一応、自分も並びまして、お賽銭を入れてきました。


ただ、今日見たかったのは真経寺です。

ここは2箇所あって、南真経寺と北真経寺があります。

まず南を見て、それから太極公園を通って、北真経寺に出ました。


このあたりは、長岡京のあった所でもありますね。

落ち着いた感じの街です。


北真経寺には妙見堂があります。

今日の探索はこちらがメイン。

この寺は、京都付近の日蓮宗の最も古い拠点でもあります。

しかし、鎌倉時代からの古刹であるこの寺に妙見があるということは、古くから妙見を祀っていたという意識でいいんですかね。


それから、JRの向日町まで出て、そこから吹田経由で大学に出ました。

もっとも、今日は来た時間も遅く、写真データ移行、シラバス作成以外は何もできませんね。

2022年1月1日(土)

新年になりました。

もっとも、自分は昨日とそう変わりはありませんね。


午前中は大日に出ました。

ここに大日妙見堂があります。

初詣ではないですね。だいたい、自分は毎週のように神社仏閣に行ってますし。


かなり小さな祠という感じです。日蓮宗のものですね。

近くに白山神社があるので、こちらも詣でていました。


大日という地名の由来も、よくわからないんだそうです。

大日如来の像があったんだと考えられますが、密教系の大きな寺院などはないようです。

むしろ白山神社に大日如来があったのではないかとされていますが。


その後、大日イオンモールに出ました。

自分はずっと外食ですが、元日と明日あたりは、結構お店が閉まっていて困ります。

しかし、イオンモールのお店は今日から全開でしたね。

フードコートで、ゆっくりできました。

そこそこ人出が多かったですね。


それから、午後は大学に来ています。

研究室で、昨日までの写真データの移行やってます。

これが結構時間かかるんですよね。

あと、シラバスの作成もやってます。

何のことはない、通常営業という感じです。


関大前の弁当屋さんが、もう営業していたのでちょっと驚きましたが。

さすがに、通りも今日は閑散としてますね。


今回、調査に出ていた時、全然タブレットは使いませんでした。

以前iPadを持っていた時は多用していたのに。

どうも、ノートパソコンと、スマホだけで済んでしまう感じです。

12月31日(金)

足が限界ですし、また風も強いので、今日は控えめに調査です。

岡山は妙見が多いので、またいずれ来なければなりませんが。


高松からマリンライナーで岡山に戻りました。

それから、吉備のほうに出ようと思ったのですが、電車の待ち時間が長く、諦めて倉敷に向かうほうに変えました。

倉敷の妙見宮は、以前見たことあるんすけどね。


庭瀬の駅で降りて、こちらの北辰妙見菩薩を見ました。

もともと日蓮宗の寺院があったように思えます。


備中高松城の守護神が妙見だったようで、周辺にもたくさん妙見堂などがあります。

いずれ、こちらも見て回る予定です。

岡山に戻ると、帰省客でごった返してましたね。


新大阪に来ると、こちらもずいぶん混雑しています。

久々にこの状況を見た感じがあります。

疲れがヒドいので、数日は休養メインにします。

12月30日(木)

歩きすぎて足がイタいです。

明日も調査の予定ですが、2箇所くらいが限度すね。

あと今日は、風が強くて難儀しました。


丸亀に出て、ウロウロ回ってました。

産巣日神社がメインです。

こちらも、名称は妙見宮なんですよね。

新年のお参り準備を行ってましたねえ。


近くには身代わり不動尊もあり、こちらも見てました。

南下して丸亀城のあたりを通りましたが、遠くから眺めただけです。


もうひとつの妙見を探してウロウロ。

民家の裏手にあって、見つけにくかったです。

こちらが、妙見と三方荒神の併祀なのはちょっと驚きました。


戻って、妙法寺を見学。

付近の寺院は前を通っただけですね。


このあたりで疲労が激しくなったので、高松に戻ってきました。

明日は大阪に戻る予定です。

12月29日(水)

移動と調査で、ちょっとしんどい日でした。

まず朝イチで、徳島駅から鳴門駅まで移動しました。

こちらはワンマン運転の単線路です。

四国移動してますと、とにかく、単線、ディーゼル車という感じですよね。


鳴門駅から歩いて妙見山へ。

ちょっとした山登りになりました。

上にあるのは、妙見神社です。

そこそこの規模ですね。


鳴門駅に戻って、また移動です。

高松駅に出ました。

高松の一宮という田村神社に出ました。

移動は琴電です。


かなり規模の大きな神社です。

ただ、どうも俗っぽい神像とかが多いですねえ。

なんかテーマパークのような印象を受けます。


市内に戻って宿舎に入りましたが、正直、足がかなりキツいです。

いや、かなり衰えてますねえ。

ふだん、もう少し歩くようにしないとダメですねえ。

12月28日(火)

今日は移動のあと、少し調査です。

阿波徳島にやってまいりました。


高知駅から阿波池田駅まで出て、乗り換えて徳島駅に出ました。

着いたあと、そのまま見学に向かいました。


以前来たときに、寺町のほうは見たので、今回はその南側を訪ねました。

まず眉山天神社。

次に国瑞彦神社。

八幡神社、家神社。

観音寺、金比羅神社。


あと三宝荒神社も探したのですが、こちらは民家の裏の、小さな祠でした。

ちょっと駆け足気味でしたが、おおよその感覚はつかめました。

とはいえ、実は明日のほうが調査メインなんすよね。


外に出ますと、ほぼすべて外食になりますねえ。

ここんとこ、外食の頻度が下がっていたので、久しぶりの感覚です。

12月27日(月)

今日は調査メインで、いろいろ回ってました。

まず五台山竹林寺です。


山西の五台山に似ているということから、この名があるようで。

うーん、山西五台山に行ったことのある人間としては、あまり似ているような印象は受けませんでした。


竹林寺は見事な寺院で、見応えがありました。

真言宗のお寺で、文殊菩薩を祀ります。

山門、本堂、五重塔と、広大な伽藍を有します。


この近くに牧野富太郎記念植物園がありますが、今日は休館でした。

ここへ行くバスは、観光バスのMY遊バスしかないので、それに乗りました。


ただ、竹林寺よりも、メインで見たかったのは近くにある星神社です。

こちらが妙見になります。

やや下ったところにあります。おそらく、かつては山道を登ってきた途中で参拝したのでしょう。


バスでいったん、はりまや橋に戻り、近くを探索しました。

高知城は閉まってましたので、周囲を撮ったただけです。

高知大神宮、山内神社と見ましたが、どちらも新しい建物ですね。


付近に水天宮があるのに気がつき、こちらも見てみました。

かなり小さな水天宮です。


それからは、とさでんを乗り継いで宿舎に戻りました。

MY遊キップは、とさでん乗り放題なんすよね。


そこそこ歩きましたが、1日でもうバテている感じです。

いや、ここんとこデスクワークばかりでしたからねえ。

ものすごく衰えているのが実感できます。

もう少し、週末も出歩かないとダメだと思いました。

12月26日(日)

今日はほぼ移動のみとなりました。

雪の影響が結構ありましたねえ。


まず、山陽新幹線が雪で少し遅れてました。

そのせいで、岡山駅での乗り換えがかなり厳しくなりました。

なんとか間に合いましたが。


特急南風号で、高知駅に出ました。

こちらも雪の影響がありました。

途中が雪で、すれ違いの列車が遅れたんですね。

いや、大歩危あたりは、もう完全に雪景色で、一面真っ白でした。

キレイでしたが、ビックリしましたねえ。


到着後、少しはりまや橋のほうに出てみました。

「3大がっかり名所」のひとつとされますが、確かに、橋そのものは大したことはないですよね。

途中、高知八幡宮を見て、その近くにある釣船神社なども見ました。

松熊神社も見ました。


「とさでん」も少し乗ってみました。

今日、料金無料の日だったんですね。

しかし、イコカとかが使えないのが困ります。

調査に出ると、現金払いばかりになりますねえ。

12月25日(土)

ちょっと不安定な天気ですね。

大学に来るとき、突然大雨になってビックリしました。


午前中は家事優先でした。クリーニング店にも行きましたし。

午後は大学に来ています。

今日はオンライン研究会があります。

さすがに、大学構内は閑散としてますね。


オミクロン株について話がありました(プレジデント)。

自分も、2類から5類への変更を急ぐべきだと考えます。

ワクチンや飲み薬など、以前とは違ってだいぶ対抗策も備わってきましたし。

12月24日(金)

今年の授業は今日までです。

会議もあって、結局忙しいままですね。

明日は明日でオンラインで研究会があります。


あさってから国内調査に出ます。

準備というほどではありませんが、古着を入れ替えたりしてますね。


クリスマスがイベントと化しているという話がありました(マネーポスト)。

こういう薄っぺらいイベントに堕してしまったのは、ホントに気の毒だと思います。

せめてもう少し、キリスト教色を出して欲しいですよ。


こども庁が改名されてしまった話がありました(プレジデント)。

指摘の通りで、むしろますます少子化が進みそうですよね。

昭和の後半が、上手くいってしまったために、むしろそこからの転換ができないようです。

12月23日(木)

冷えますねえ。

まあ、年末だとこれくらいになりますよね。


修論と卒論の対応に追われてました。

授業も含めてですね。

まあ、この時期は毎度、こんな感じすね。


みずほ銀行に関する話がありました(プレジデント)。

COBOLで苦労しているなら、自分の世代のプログラマを集めたらどうでしょうねえ。

結構いると思いますよ。

それにしても、どうして日本の会社って、こうもシステムとかソフトウェアを軽んずるのでしょうか。

12月22日(水)

午前中は2回生のゼミに出て、2クラス回ってゼミ紹介を行ってました。

他の教員も一緒です。

それから、午後は院生が来て修論の相談。

さらに、来年行われる講演についての打ち合わせが入りました。

その他の事はなんもできませんでしたね。


日本社会の賃金が上がらない件について話がありました(現代ビジネス)。

この件については、何度でも論ずるべきだと思います。

おそらく、これが経済発展を阻害する大きな原因であると思いますので。


「収益を上げられない経営者を退場させる」ことができれば一番なんでしょうけど。

たぶん難しいでしょうね。

あるいは、どんどん外資に会社が売られて、カルチャーが変わっていく事を期待するしかないのかもしれません。

12月21日(火)

昨晩は、千里線は遅れているだけで止まってなかったので、乗車することができました。

そのため、ほぼ通常通りに帰宅してます。


今日の午前中は病院に行ってました。

予約不要の病院なので、時間によって混んでたり、そうでなかったりします。

今日はいつもと同じくらいでした。


午後は5限まで授業だったので、他のことは何もできませんでしたねえ。

合間も、卒論関連のメール対応が多かったです。


阪急バスのスケジュールが変わったのを、すっかり忘れてました。

今日も危うく乗り遅れるところでした。

バス停の名前も、たとえば「北千里」が「阪急北千里」のように、少し変わってましたねえ。

ダイヤも、また覚え直しですね。

12月20日(月)

年の瀬のせいか、物騒な事件多いですねえ。

それにしても、気をつけるにも限度がありますよね。


電車の事故も多いですねえ。

昨日は阪急神戸線が止まってました。

今日の夕方には、京都線が止まった影響で、千里線が遅れているようです。


新しい資本主義という話がありました(BLOGOS)。

指摘の通りで、まず日本社会は、古い資本主義をちゃんとやってみるべきだと思います。

すなわち、フツーに物価が上がり、給料も上がる国です。

それができないのに、新しい資本主義なんて、おこがましいですよ。


穏やかなインフレを目的とした事自体は問題ないと思います。

そうすれば、財政赤字も長期的には解決できるのでしょうし。

しかし、給料を上げないと、インフレにはならんのですよね。

エライ人には、そこがわからなかったようです。

それで、財政だけでインフレを起こそうとして、大失敗。

いまさら給与を上げようとか言い出しましたけど、また失敗するんじゃないかと思ってます。

12月19日(日)

今日も風が強く、また寒いです。

北日本は雪で大変みたいですが。


新大阪を経由して大学に来ました。

みどりの窓口が混雑しているのを久々に見た感じですね。

だいぶ人出が戻ってきてはいるんでしょうけど。


日本の問題は企業の問題だという話がありました(BLOGOS)。

確かにその通りですが、おそらく、こういう習慣は変わらないんでしょうねえ。

日本社会の何が問題かというと、「適材適所」ができてない事でしょうね。

人材のミスマッチがヒドいんだと思います。

12月18日(土)

冬らしい寒さになっていますね。

ただ、基本的に暖冬で、寒気が来ると寒くなる形かなと思ってます。


今日はオンラインで洞天福地研究会に参加です。

他の研究会も開催されていましたが、さすがにひとつしか参加できませんので。


もっとも、午前中は私用でバタバタしていました。

また、午後は参加しながら、同時にいくつか作業もこなしてます。


26日からは、例によって妙見調査に出ます。

四国の3県を回ることになります。

今回、愛媛には入らないですね。

まあ、またの機会に。


日本で、行ったことのない県はもうひとつか二つになりますね。

中国でも、たぶん行ったことのない省のほうが少ないんでしょうけど。

しかし、まだまだ海外には行けそうにないですねえ。

12月17日(金)

院生フォーラムは今日は2日目です。

さらに、客員教授の中牧先生の講演がありました。


それぞれの対応に追われてました。

なんとか無事に終わって、ホッとしています。


しかし今日もやたら朝早くから目が覚めてしまい、おかげで寝不足です。

疲れも出ていますし、これ、あさってあたりは1日寝込んでいるかも。

12月16日(木)

今日は日中韓院生フォーラムの1日目です。

2つの部会が同時並行になりました。

司会と、さらにいくつかコメンテーター担当になり、ちょっとハードでした。

明日の午前中も開催されます。


行事があるときは、なんか意味もなく朝早く起きてしまうことが多いです。

今日も朝早くに目が覚めて、その後寝られなくなりました。

こういう日は、夕方にキツくなりますね。

今日も、フォーラム前半が終わってから、全然アタマが働きませんでした。

12月15日(水)

雑用に追われているのは相変わらずです。

明日あさっては休講で、院生フォーラムのほうに対応する予定となっています。


以前は、iPadとガラケーで、タブレットのほうの利用する比率が高かったのですが。

スマホとタブレットにしたら、スマホの比率がやたら高くなってますね。

いずれはスマホオンリーになってしまうんすかねえ。


全員の給与を上げようとするのはムリという話がありました(プレジデント)。

それこそ、全然資本主義じゃないですよねえ。

どうして差をつけて上げる、あるいは下げるってできないんでしょうか。

12月14日(火)

冷えますねえ。

明日の最低気温の予想が2度ですか。


臨時の授業が増える日です。

ただ、それ以外に院生フォーラムの予定が急に変更になり、その対応でアタフタしてました。

正直、他の業務はほとんどできませんでしたね。


ひきこもりについて話がありました(BLOGOS)。

自分も、引きこもり体質だから、結構理解できるんすよね。

しかし、こうなるともう何とかしようと思っても、ムリなんじゃないすかねえ。

ヘタに手出ししないほうがいいのではないかと考えます。

12月13日(月)

今日はかなり冷えます。

とはいえ、昨日、おとといがむしろ暖かすぎた感じですよね。

北日本は大荒れのようですが。


日本の賃金が上がらない点について話がありました(東洋経済)。

指摘されている通り、この状況そのものが不可解なんですよね。

やはり日本は資本主義が機能していないのではないでしょうか。

新自由主義のせいだ、と言われてますけど、そもそも日本では新自由主義自体がちゃんと行われていないのだと考えます。

12月12日(日)

雑用に追われているのは変わりません。

ただ、今日は午後から古典小説研究会の会合がオンラインであったので、参加してました。

中塚さんの発表が大変参考になりました。


日本の人口減について話がありました(東洋経済)。

自分も、てっきりこの94万人減という話だけを見てました。

実際には、外国人の増加を考えないと、178万人減なんすねえ。

提言されているような、ロボット社会を作っていくべきだと思います。


コロナの客観的把握が難しいとありました(デイリー新潮)。

難しいのはわかるんですが、それにしても客観的に見ている人が少ないように思えます。

自分はヘタにロックダウンなどしないほうがベターだと考えているのですが。

12月11日(土)

なんか気温が高いんですが。

来るとき、コート着ていなくても暑く感じましたから。


寝不足だったのか起きるのが遅く、さらに家事を優先していたら、研究室に来るのが午後になりました。

だいたい、土曜は家事優先になるので、これは仕方ないですね。


今日も作業となります。ただ、それだけですと悔しいので、少しモノ書きのほうもやってます。

ここしばらく、全然研究方面の事ができませんでしたからね。


ただ、今日も明日もオンラインの研究会はあります。

今日はじんもんこんです。ところが、欧州を意識しているためか、夕方から夜開催なんですよね。

自分は一部参加となります。


ビートルズの話がまた出てますねえ(東洋経済)。

ビートルズが、デッカのオーディションを受けて落ちた話は、ものすごい教訓だと思っています。

評価というのは、全く当てにならないという事です。


まあ、このあとジョージ・マーティンと出会うわけですから、結果論としては落ちてよかったという感じなんすけど。

とにかく、世間の評価、上司の評価、そんなもんは全然当てになりません。

かといって自己評価というのも難しいですが、いずれにせよ、人の客観的評価なんてムリだって事です。

評判なんて、気にするだけムダだと考えます。

12月10日(金)

今日はいろいろ予定がバッティングしている日で、参加できない所が多かったです。

昼に2つ会議がダブっていたのと、それから2限も、授業と最終講義がダブってました。

実は来週の金曜もかなり厳しいスケジュールです。


千里中央と北千里間で利用しているバス、またダイヤが変わるんすねえ。

ある程度はアタマに入っていたんですが、また覚え直しになります。


大学院進学率が低いという話がありました(アエラ)。

実は、これが日本社会の衰退の原因のひとつなのですが。

あまり注意されていないようです。


正直、学部卒では専門性が足りないんですよね。文系理系を問わず。

院卒でようやく専門性がしっかりしてくる。

そういう人材が活かせる社会であれば、院卒の給与も高いわけですが、日本社会は全然活かせないから、賃金が低い。

これ、変わるべきは会社や公務員などの雇い手のほうです。

12月9日(木)

今日の午前中も説明会の業務が入りました。

あとは授業と雑用ですが、相変わらず時間がないですねえ。


明日は陶先生の最終講義なんですが、授業のため欠席となります。

金曜は行事に当たることが多いので、来学期は授業を入れないように、いま働きかけてます。


郵便局で振り込みを行ったら、今後は現金は割増料金になるという話でした。

この料金、振り込み料に含まれる形になるんすかねえ。

確かめる必要がありますね。


また、夕方になって明日の会議が重なっている事に気がつきました。

ウカツだったのは認めますが、困りましたねえ。

いや、上のほうで調整してくれないと、これはムリ。


賃金を上げるにはどうするかという話がありました(Yahooニュース)。

指摘の通りで、企業を守るのではなく、労働者を守るほうにシフトすべきだと考えます。

転職して給料を上げるのが当たり前というほうに持っていかないと。

12月8日(水)

12月8日は、真珠湾とジョン・レノンの命日の2つの意味がありますよねえ。

最近、戦争関連の話題が多いと思ったら、真珠湾80周年なんすね。


会議会議の水曜日です。

その他、業務が追いついていない状況は変わりません。

サラリーマンだった時は、徹夜して仕上げた事もありました。

しかし、徹夜して次の日なんてのは、ほぼ使い物にならないんすよねえ。

かえって能率が下がるだけです。


終わらないものは終わりませんと、ハッキリ断ることにしています。

まあ、いまはヒラ社員でないので、もう少し言えるという事はありますが。


アベノミクスについて話がありました(nippon.com)。

いや、実際にどうだったか検証すべきだと思います。

さもないと、また同じ過ちを繰り返す事になるでしょう。


ファクターXの一部が明らかになったようです(産経新聞)。

これもどんどん解明して欲しいですね。

明らかになることによって、状況が変わってくると思われますし。

12月7日(火)

今日はずっと雨ですねえ。

とはいえ、気温はそう低くもありません。


雑務と授業に追われているのは相変わらずです。

ここ数日は、仕事量が多くて、パンク状態に近いです。

サラリーマンの経験からすると、こういう時は慌てても仕方ないので、マイペースでこなしてます。


安さの追求が逆効果という話がありました(ITメディア)。

むしろ「みんなががんばってしまった」結果が、いまのような低賃金の世界なんすよね。

これもう、止めたほうがいいと考えます。

就活も、やれ「やりがい」「人のため」なんて考えないで、「いくらもらえるの」を基準にしたほうがいいですよ。

12月6日(月)

昨日は作業に追われていて、このコーナーを更新するのを忘れてました。

いや、ホントに週末も業務に追われている状況なので。


もっとも、別に毎日更新が義務ではありませんしねえ。

このコーナーは、ある意味「備忘録」となっています。

数年前、どこのお寺を訪問したか、あとになると思い出せないんすよね。

その時は、このコーナーを見るとだいたい書いてあります。

記録も、公開してませんが20年くらいあるんすよね。


自粛警察についての話がありました(BLOGOS)。

いやまあ、新しい事態について情報が足りないときは、誰しもおかしな行動を取らないとは言えませんが。

それでも自粛警察なんてのは、あまり意味のない行為に思えます。

人の行動なんて、それこそ自己責任なんすから、放っておけばいいじゃないすか。


マカオのカジノに関して記事がありました(ニューズウィーク)。

あまり締め付けるのもよくないのではないでしょうか。

むしろ、上手く利用すべきなのでは。

シンガポールだって、カジノはむしろ上手く利用している感じに思えます。

12月4日(土)

午前中は元町のほうに出てました。

買い物中心です。

いま台湾や大陸に行けないので、買えないモノが多いんすよねえ。

通販で買えるモノは通販で買うんですが。


神戸の人出もずいぶん戻ってきた感じですね。

南京町も行事があるようですが、チラ見した程度です。


午後は大学で作業です。

結構書類などあるんすけど、例によってなかなか進みません。


今日も吹田から山手町経由で来たんですが、いやラクですねえ。

坂をむしろ下る感じですから。

もっとも、これは北門から近い法文棟だから可能なだけですね。


オミクロン株について記事がありました(BLOGOS)。

まだ情報が少ないですよね。

重症化は減るんじゃないかという話もありますが。

12月3日(金)

12月なのに台風が来ているんすか。

ちょっとビックリです。


また、山梨で震度5、和歌山で震度5というのも気になります。

自分の生きているウチは、近畿に大地震は来ないと思っているんすけどねえ。

どうも、そのあたりは予想がつきません。


雑用と授業で終わってしまうのはいつもの通りです。

体調もいまひとつですし。


低賃金に関する話がありました(プレジデント)。

指摘の通りで、給与を上げるために積極的に転職するくらいでいいんですよねえ。

もっとも、日本社会自体がそういう動きには否定的ですよね。

12月2日(木)

かなり冷えますねえ。

北日本では大雪のようですが。

こちらでも降ってもおかしくないくらいになってきました。


また大騒ぎするのかという話がありました(現代ビジネス)。

自分も、いまの政府や自治体の対応は、やり過ぎだと考えています。

とはいえ、ある意味、人心安定のためにそうしているんでしょうねえ。

12月1日(水)

昨晩は荒れた天気だったようですが、今日は晴れています。

とはいえ、風が強いですね。


師走ですが。

この師はお坊さんの意味らしいですけど。

なんか今日は走り回っています。

朝は教務センター、いったん戻って、それから午後にまた支援課。

今日は夕方にまた突発的に業務が入りました。


大学のガバナンスの問題について話がありました(現代ビジネス)。

大学の自治が大事とか言いながらも、こう自浄作用がない事例を見せられてしまうと、何も言えなくなりますよねえ。

かといって、周りの意見に沿って動くだけの理事長の場合は、改革なんてやらないに決まってますし。

難しいところですよねえ。

11月30日(火)

なんかまた気温が上がった感じです。

授業やってて、暑かったですからね。


昼には地震訓練がありました。

もっとも、授業担当ではなかったので、確認メール打ったくらいですけど。

あとは授業と雑用ですが、細かい業務が続きますねえ。


若い頃は、漠然と60歳で定年なんだと思ってました。

いや、60歳なのにやたらと忙しい状況なんて、その頃は全然想像できなかったですよ。

しかも、年金もらえる時期も遠ざかりましたし。

まあ、まだ当面は働かないとダメみたいすよね。


関西大で論文の不正があったみたいですねえ(朝日新聞)。

学生の論文からアイデアを受ける、これは別に構わんと思うのですが。

さすがに文章が一緒なのはダメでしょう。

どの学部の誰かという事については、全然聞いてません。


自分はなるべく他人の文章は、論文で引用することにしています。

これは、その人のアイデアから来ているよ、という事を明らかにするためです。

11月29日(月)

昼と夜の寒暖差が大きいですねえ。

まあ、自分は北京の冬も経験してますので、それに比べたらどうって事はないのですが。


雑用と授業に追われているのは相変わらずです。

次から次へと細かい用件が来るので、ホントに忘れてしまうんすよねえ。

どうも、自分のアタマはマルチタスクには向いてないようです。


また日本政府は入国禁止措置を取るようですねえ。

いや、仕方ないのかもしれませんが、これでまた留学生がこちらに来られないのは困ります。


欧州の状況について話がありました(東洋経済)。

ホントにコロナは状況が把握しにくいですねえ。

ワクチン接種率が上がってもこの状態ですからね。