尾崎 平 (Taira OZAKI)

 関西大学 環境都市工学部 都市システム工学科
 助教
 
技術士(上下水道部門)
 〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 

  E-mail : ozaki_tkansai-u.ac.jp
 研究室HP:http://www.envmanage.civil.kansai-u.ac.jp/

略歴・専門
研究課題
所属学会
研究業績

略歴
関西大学土木工学科卒業(1997年)
関西大学大学院工学研究科 博士前期課程修了(1999年)
中央復建コンサルタンツ株式会社入社(1999年)
国土交通省 国土技術政策総合研究所 交流研究員(2001年)
                  (中央復建コンサルタンツから出向)
関西大学工学部 助手(2002年)
関西大学環境都市工学部 助教(2007年)

専門
 水環境工学,水防災工学,環境システム工学

研究課題
  急激な産業発展や経済成長の影響による水循環の変化が水質汚濁や生態系への悪影響,都市水害,渇水等の水環境に関わる問題を招いており,その解決が急務となっている.そのため水循環の健全化,水環境の保全,水防災の確立に関するテーマについて取り組んでいる.

1.都市水環境に関する研究 (Urban Watershed Management)
(概要)
 下水道の整備や高度処理の導入,排水規制等により,日常的に公共用水域へ流入する負荷は減少傾向にある.しかし,都市化の進展に伴う都市雨水排水による負荷が増大傾向にある.また,これまでの有機汚濁に加え,人体や生態系に影響を及ぼす恐れのある内分泌攪乱化学物質や重金属,医薬品等の微量有害物質に対する対策も必要となってきている.本研究は河川や湖沼・海域の水質汚濁や生態系に悪影響を与える要因,メカニズムを解明し,水環境の保全策を探ることを目的としている.
(Key Word)
 雨水管理,都市雨水排水,下水道,流出解析,モデリング,微量有害物質,環境教育,環境意識・行動
(主な研究成果)
・雨天時負荷流出特性と市街地流域対策に関する研究, 水工学論文集 (2010.3)
・浸水対策用貯留施設のリアルタイム制御による雨天時汚濁負荷低減に関する研究, 下水道協会誌論文集 (2008.9)
・下水道施設のリアルタイムコントロールによる合流式下水道改善に関する研究,土木学会論文集G (2006.3) .
・下水処理水を活用した水辺空間の価値評価に関する研究, 環境システム研究論文集 (2006.10)
・Characteristics of Benzo(a)pyrene in Highway Runoff Pollution, 10ICUD (2005.08)
・ライフサイクルCO2を考慮した合流式下水道越流水対策施設の評価−雨水滞水池を事例として−,土木学会論文集 (2004.11)
・河川利用状況に着目した都市内河川の整備に関する研究,環境システム研究論文集 (2004.10)
・Runoff and Accumulation Models of Benzo(a)pyrene in Highway Dust and Runoff Matters, 6UDM (2004.9)
・自動車排ガス起源のベンゾ(a)ピレンの路面堆積・流出モデルに関する研究,水環境学会誌 (2004.1)

2.
都市水防災に関する研究 (Urban Flood Management)
(概要)
 近年,短時間豪雨による都市水害が増大している.都市には多くの人が居住し,資産・情報も集積している.都市水害は人命,資産に多大な被害を与え,情報,交通など都市機能を麻痺させる.本研究は都市の雨水排水システムを調査,解析し,都市水害の危険度評価,脆弱箇所の推定を行い,都市の防災力,減災力の向上策を探ることを目的としている.
(Key Word)
 都市水害,内水氾濫,雨水管理,氾濫解析,危険度評価,防災教育,防災意識・行動
(主な研究成果)
・大規模地下空間を有する都市域における地下空間への内水氾濫水の流入特性とその対策,水工学論文集(2011.3)
・内水氾濫による大規模地下街の浸水過程と避難の安全性に関する検討,水工学論文集(2011.3)
・下水道管きょ内における移動速度の影響要因に関する実験的研究,下水道協会誌論文集(2011.3)

2D Flood Simulation in Dense Urban Area, HIC2010(2010.9)
・市街地外水氾濫解析への分布型解析モデルの適用性-模型実験と数値解析結果の比較,下水道協会誌論文集(2010.9)
・Estimation of Inundation Hazard and the Flood Reduction Effect of Storage Pipe, IAHR-APD2010 (2010.2)
・Estimation Method of Inundation Hazard in Urbanized Residential Area Using Rainfall Data, 8UDM (2009.9)
・低平地住宅密集地域における内水氾濫の危険度評価に関する研究,水工学論文集(2009.03)
・Risk Information and Self-help Measures for Urban Flood Disaster Prevention Policy, 11ICUD (2008.09)
・都市浸水の評価指標に関する考察,下水道研究発表会講演集 (2008.7)
・都市浸水軽減のための自助促進方策の研究−情報内容と提供方法のあり方−,水工学論文集 (2008.3)

所属学会
 土木学会,日本水環境学会,国際水協会(IWA), 国際水工学会(IAHR)
 日本下水道協会,日本自然災害学会

受 賞
   (社)日本下水道協会,平成23年度 「若手研究発表賞」,「市街地外水氾濫解析への分布型解析モデルの適用性 -模型実験と数値解析結果の比較」, 2011.7.28
(社)全国上下水道コンサルタント協会 平成13年度 有効賞[下水道部門],「下水管きょ敷設のライフサイクルアセスメント−開削工法のLC-CO2−」,2001.5.22